スポーツ

2019年プロ野球ドラフト結果の各球団指名を採点する!

2019年10月17日、日本プロ野球機構(NPB)の”ドラフト会議”が開催されました。

今年のドラフト下馬評は、「高校生に好投手が多い」「捕手が豊作」という評価の一方、「2位以下が不作」「野手なら来年」というスカウト評価でした。

そんな中、アマチュア最速・大船渡高校の佐々木朗希投手と甲子園のスター・星稜高校の奥川恭伸投手に指名重複が予測されましたが、果たして結果は如何に・・・?

ドラフト会議の結果をもとに、『各球団のドラフト結果』を採点しました。

※各ドラフト結果は、本指名までの選手を表記(育成選手は割愛)しています。

  • 球団の今年のドラフトに対する『意志』が感じられるか
  • 補強ポイントに合致しているか
  • 将来性はあるか
  • ドラフト指名に『夢』が感じられるか
2019プロ野球各球団のドラフト1位指名予想! 高校の佐々木・奥川投手か、あるいは大学の森下投手か! プロ野球各球団がドラフト会議指名候補選手の絞り込みにあたっているとの...

1位:阪神(120点)

ドラフト結果

  • 1位 西純矢選手:投手・創志学園高校(奥川選手外れ)
  • 2位 井上広大選手:外野手・履正社高校
  • 3位 及川雅貴選手:投手・横浜高校
  • 4位 遠藤成選手:内野手(投手)・東海大相模高校
  • 5位 藤田健斗選手:捕手・中京学院大中京高校
  • 6位 小川一平選手:投手・東海大学九州

指名評価

金本監督の独自路から、矢野監督になって小じんまりとした指名になるかと危惧された阪神ですが・・・・やってくれました!!!

「これでもか~!」

甲子園のスターをズラリと指名しました!

外れはしましたが1巡目指名に星稜高校の奥川選手を指名し、外れ1位に西選手を指名。

藤川球児投手をはじめ阪神の系譜である”剛速球ピッチャー”である西選手こそ阪神に適合した投手であると僕は思っています。

2位以降も甲子園のスター選手を指名し続けたことはもちろんのこと、他球団からすれば中位以降評価の井上選手という地元大阪の”和製大砲”に敬意を表して2位指名したことは、阪神の「どうじゃ!」という心意気を感じました(僕は願望で阪神1位を予想しましたが、まさか2位という高評価指名には驚きでした)。

3位には、春先には”高校BIG4”と評価されていた横浜高校の及川選手をしっかりと指名し、巨人・原監督も狙っていたはずの遠藤選手を4位で指名。

「捕手豊作年度」というトレンドをしっかり抑えて、高校生捕手の藤田選手も5位で指名してきました。

しかも単なるミーハー指名ではなく、「先発投手」と「和製大砲」というチームの補強にしっかりとマッチングする選手を選抜してきたとことは、ドラフト戦略としてもみごとです。

最後の指名となった6位の小川選手だけが大学生となりましたが、唯一の大学生指名が監督もしくはスカウトの眼力勝負といったところでしょうか。

高校野球の聖地”甲子園球場”を本拠地とする阪神において、これほど『甲子園のスター』をズラリと指名した記憶はなく、阪神ファンは大満足でしょうし、巨人ファンの僕でさえ、今回の阪神の指名にはワクワク感満載でした。

高校生中心の指名なので結果は2~3年先でしょうが、今回のような指名を繰り返せば、阪神の黄金期が訪れてくる予感がしますし、なによりも”ファン”が楽しめる球団になること間違いなしです!

従って、今回の阪神のドラフト採点は、我々の予想をはるかに超えたことに対して、”120点”の評価としました。

2位:ロッテ(100点)

ドラフト結果

  • 1位 佐々木朗希選手:投手・大船渡高校(抽選)
  • 2位 佐藤都志也選手:捕手・東洋大学
  • 3位 高部瑛斗選手:外野手・国士館大学
  • 4位 横山陸人選手:投手・専大松戸高校
  • 5位 福田光輝選手:内野手・法政大学

指名評価

今ドラフト最注目の大船渡高校の佐々木選手を競合でみごと引き当てました。

昨年、大阪桐蔭の藤原選手を競合獲得したことに続き、井口監督の引きの強さには脱帽です。

佐々木選手を引き当てたことで大合格点ですが、「捕手豊作の年」にあっても最上位との評価で1位指名も想定されていた東洋大学の佐藤選手までも2位に指名できたことは大きく、捕手としても強打の外野手としても即戦力として期待ができる選手です。

更に、主力選手のFAに備えて、大学の有望内野手を指名してきたことも高評価です。

チームとしては、長距離砲が欲しいところですが、若手投手陣の台頭も順調で、長距離砲獲得はストーブリーグや来年のドラフトに期待といったところでしょうか。

3位:ソフトバンク(90点)

ドラフト結果

  • 1位 佐藤直樹選手:外野手・社会人(石川選手外れ)
  • 2位 海野隆司選手:捕手・東海大学
  • 3位 津森宥紀選手:投手・東北福祉大学
  • 4位 小林珠維選手:内野手(投手)・東海大札幌高校
  • 5位 柳町達選手:内野手・慶応義塾大学

指名評価

外れはしましたが、石川選手の1巡目指名をはじめ、内川選手・松田選手というチームの主砲が高齢化してきたことに対する後継者候補として、野手中心に指名してきました。

1位は即戦力候補の佐藤選手、4位に素材型の小林選手を指名し、更に5位まで残っていたのが不思議であった大学生で高評価の柳町選手まで指名できたのが大きいです。

また、甲斐捕手とプレースタイルが被ってしまいますが、2位の海野選手は今ドラフトでもナンバーワン強肩と高評価の強打をも持ち合わせている期待の選手です。

オリックスや巨人の外れ1位候補と目されていましたが、2位指名で後順位となるソフトバンクまで残っていたところをガッツリ指名してきました。

3位指名の津森選手も1位評価であった投手で、即戦力が期待されます。

1巡目指名を外しはしましたが、1位評価であった海野選手・津森選手を指名できたことは高評価ですし、選手層の厚いソフトバンクが補強ポイントを少数精鋭でバランス良く指名できたと思えますので高評価としました。

4位:オリックス(80点)

ドラフト結果

  • 1位 宮城大弥選手:投手・興南高校(石川選手外れ→河野選手外れ)
  • 2位 紅林弘太郎選手:内野手・駿河総合高校
  • 3位 村西良太選手:投手・近畿大学
  • 4位 前佑囲斗選手:投手・津田学園高校
  • 5位 勝俣翔貴選手:内野手・国際武道大学

指名評価

2度抽選を外しましたが、高校生ナンバーワン左腕の宮城選手を指名できました。

若手投手陣の台頭著しいオリックスにおいて、大型右腕の前選手と共に、今後の成長が楽しみな投手陣となってきました。

打撃不振を補うために、長打が期待できる紅林選手には僕も注目していましたし、即戦力候補の勝俣選手もしっかり抑えることができました。

ただし、オリックスの急務であるはずだった「捕手の補強」をすることなく、育成指名で1人指名するにとどまりました。

佐藤選手・海野選手という大学を代表する捕手を指名できるチャンスがあったにもかかわらず指名してこなかったのは今後の痛手となると予想して、評価を少し下げました。

4位:ヤクルト(80点)

ドラフト結果

  • 1位 奥川恭伸選手:投手・星稜高校(抽選)
  • 2位 吉田大喜選手:投手・日本体育大学
  • 3位 杉山晃基選手:投手・創価大学
  • 4位 大西広樹選手:投手・大阪商業大学
  • 5位 長岡秀樹選手:内野手・八千代松陰高校
  • 6位 武岡龍世選手:内野手・八戸学院光星高校

指名評価

僕が最も注目していた星稜高校の奥川選手は、高津監督が引き当てました。

巨人ファンの僕としては、奥川選手は巨人に進んで欲しかったですが、ヤクルトの強力打線の援護と大投手の高津監督から指導を受けられることを考えると、奥川選手としては良い球団から指名されたと思えます。

その奥川選手の競合を勝ち取ったのは最高ですし、2位以降も「即戦力投手狙い」の意図はチームの補強ポイントとも合致していたと思えますが、同じようなタイプの投手が揃ってしまい、他に残っていた大学・社会人投手に比べてもスケール感に乏しい印象を受けました。

また、5位以降もスケール感のある素材型の高校生投手か、主力打者の高齢化やオフ流失危惧を考えると、大学・社会人の即戦力打者に向かった方が最下位に終わったヤクルトのチーム事情に合致したように感じました。

奥川選手で100点満点ですが、地元神宮のスター・森下選手をスルーしたことと、その後の指名でマイナスとしました。

4位:広島(80点)

ドラフト結果

  • 1位 森下暢仁選手:投手・明治大学(単独)
  • 2位 宇草孔基選手:外野手・法政大学
  • 3位 鈴木寛人選手:投手・霞ケ浦高校
  • 4位 韮澤雄也選手:内野手・花咲徳栄高校
  • 5位 石原貴規選手:捕手・天理大学
  • 6位 玉村昇悟選手:投手・丹生高校

指名評価

連覇を続けて”行け行けドンドン!”の広島は、ここ数年来高校生中心の指名によって、将来の礎を固めていました。

そんな広島も、昨年の丸選手のFA流失を皮切りに、今後も毎年のようにFA流失が危惧される状態にあります。

今年のペナントレースも、ついにBクラスに転落してしまった状態です。

そんな「どのポジションでFA流失があるか分からない」広島の現状を反映させるが如く、大学生選手の指名も織り交ぜた構成となりました。

そんな中でも、1位重複確実との下馬評であった森下選手を単独で指名できたことは、来シーズンのローテーション1枚を確保したと言えますし、1位指名もあるかと予想されていた鈴木選手も将来のエース候補として期待がかかります。

また、育成指名ではありましたが、敦賀気比高校の木下選手は、左右に長打が放てる好打者になれる素材を秘めていると僕は思っていますので、今後の成長に注目しています。

ドラフトとしては上出来であったと思えますが、今後のFA流失を食い止めることが広島にとっての最重要課題であるというのが現状です。

7位:西武(70点)

ドラフト結果

  • 1位 宮川哲選手:投手・社会人(佐々木選手外れ→抽選)
  • 2位 浜屋将太選手:投手・社会人
  • 3位 松岡洸希選手:投手・独立リーグ
  • 4位 川野涼多選手:内野手・九州学院高校
  • 5位 柘植世那選手:捕手・社会人
  • 6位 井上広輝選手:投手・日大三高校
  • 7位 上間永遠選手:投手・独立リーグ
  • 8位 岸潤一郎選手:外野手・独立リーグ

指名評価

破壊力満点の打線を武器に、リーグ優勝した西武の補強ポイントは「投手」でしかありません。

今年も、昨年同様にペナントレースは制したものの、短期決戦となるCSで投壊して、昨年の再現とばかりにソフトバンクに敗れてしまいました。

とにかく「即戦力投手獲得」とばかりに、大学・社会人・独立リーグの投手を大量指名しましたが、外れ1位の宮川投手は高評価でしたが、2位以下の投手にはもっと高評価の投手を織り込んで欲しかったと感じました。

唯一の高校生投手指名となった井上選手は、春先まではドラフト上位候補に挙がっていた逸材ですので、今井選手他の若手投手陣と共に、かつての「投手王国・西武」に向かって成長して欲しいものです。

秋山選手のオフ動向が気になるところで、中位あたりで大学・社会人の有力外野手を指名しておきたかったところです。

チーム事情を補おうとする意志は感じ取られましたが、独立リーグ指名に偏った感がありましたのでマイナス要素としました。

7位:日本ハム(70点)

ドラフト結果

  • 1位 河野竜生選手:投手・社会人(佐々木選手外れ→抽選)
  • 2位 立野和明選手:投手・社会人
  • 3位 上野響平選手:内野手・京都国際高校
  • 4位 鈴木健矢選手:投手・社会人
  • 5位 望月大希選手:投手・創価大学
  • 6位 梅林優貴選手:捕手・広島文化学園大学
  • 7位 片岡奨人選手:外野手・東日本国際大学

指名評価

佐々木選手の指名に外れたものの、社会人即戦力の河野選手を抽選で勝ち取って、1位候補にもあがっていた立野選手まで指名できたのは収穫です。

他のチームであれば80点以上の上出来ドラフトですが、日本ハムに期待する”スケール感”や”素材型”に対して乏しい全体像となってしいましたので75点としました。

特に、レアード選手の流失、中田選手の高齢化、横尾選手の低迷、そして繰り返す清宮選手の故障を考えれば、”長距離砲”の指名がなかったことへの失望感があります。

これで来シーズンは、先発ローテーションはそこそこ回るかもしれませんが、チャンスに一発が出ない「つまらない試合」が危惧されてきました。

7位:中日(70点)

ドラフト結果

  • 1位 石川昂弥選手:内野手(投手)・東邦高校(抽選)
  • 2位 橋本侑樹選手:投手・大阪商業大学
  • 3位 岡野祐一郎選手:投手・社会人
  • 4位 郡司裕也選手:捕手・慶応義塾大学
  • 5位 岡林勇希選手:投手・菰野高校
  • 6位 竹内龍臣選手:投手・札幌創成高校

指名評価

どの球団も喉から手がでるほど嘱望している”右の和製大砲”である石川選手を引き当てました。

昨年の根尾選手に続き、地元の宝を引き当てた与田監督の強運はスゴイです!

Bクラスが続くチーム事情から考えれば、社会人を中心とした即戦力投手指名はいたしかたありませんが、柳選手の覚醒や小笠原選手・清水選手の台頭の流れからすれば、上位指名で大物感のある高校生投手を指名して欲しかったと言えば、ちょっと欲張りでしょうか?

近未来的には、3番・根尾選手、4番・石川選手が期待されますので、来年のドラフトでは一発屋の5番打者候補を指名して欲しいものです。

10位:巨人(60点)

ドラフト結果

  • 1位 堀田賢慎選手:投手・青森山田高校(奥川選手外れ→宮川選手外れ)
  • 2位 太田龍選手:投手・社会人
  • 3位 菊田拡和選手:外野手・常総学院高校
  • 4位 井上温大選手:投手・前橋商高校
  • 5位 山瀬慎之助選手:捕手・星稜高校
  • 6位 伊藤海斗選手:外野手・酒田南高校

指名評価

原監督になっからは果敢に重複覚悟の指名に向かっていますが、如何せん「クジに弱い」のが巨人です。

昨年の2連敗に続き、今年も2連敗しました。

巨人ファンの僕が最も期待していた選手が星稜高校の奥川選手ですが、その奥川選手を外したことで今年のドラフトは一気に興ざめしました。

しかも、昨年・今年と2連敗した経過に”一貫性”がありません。

昨年:根尾選手(高校・内野手)→辰巳選手(大学・外野手)→高橋選手(大学・投手)。

今年:奥川選手(高校・投手)→宮川選手(社会人・投手)→堀田投手(高校・投手)。

宮川選手に外れ1位に行った時点で、外れの外れには大学か社会人のパワー型抑え候補投手を指名して欲しかったですし、素材型の高校生に行くならば、奥川選手を外した時点で西投手などの実績ある高校生投手を指名して欲しかったと感じています。

実際に指名された選手の良し悪しではなく、1位指名はもとろんのこと、2位以降も”隠し玉探し”に興じているように思える指名が昨年から続いています。

FAや外人を巨額のマネーで補強する巨人においては、特に生え抜き野手は”ドラフト1位”がズラリと揃い、自前の下位指名野手は出たり入ったりを繰り返しています。

そうであれば、今年の1巡目指名は石川選手であってもよかったとも思えてきます。

今年久々にリーグ優勝できたのも、実績ある選手を外す権威ある原監督の選手起用と采配だからこそ成し得たことだと思いますが、来年のドラフトこそは『華のあるスター選手』を一堂に指名して欲しいものです。

とはいえ、1位指名の堀田選手や4位指名の井上選手にはスケール感がありますし、5位指名の山瀬慎之介選手は阿部慎之介監督誕生の時に正捕手としての期待がかかります。

阿部選手が引退し、菅野選手・坂本選手も故障がちな現状において、岡本選手に次ぐ巨人の生え抜きスターが待たれます!

巨人はドラフトでスター選手を指名せよ! 夏の甲子園も閉幕し、U18や大学のリーグ戦へと進むと、野球ファンとして次に気になるのが『ドラフト会議』です。 高校野球ファ...

10位:DeNA(60点)

ドラフト結果

  • 1位 森敬斗選手:内野手・桐蔭学園高校(単独)
  • 2位 坂本裕哉選手:投手・立命館大学
  • 3位 伊勢大夢選手:投手・明治大学
  • 4位 東妻純平選手:捕手・智弁和歌山高校
  • 5位 田部隼人選手:内野手・開星高校
  • 6位 蝦名達夫選手:外野手・青森大学
  • 7位 浅田将汰選手:投手・有明高校

指名評価

地元のスター・桐蔭学園高校の森選手を単独指名してきました。

2位以降の上位指名も、近年のDeNAの定跡とも言える「大学生投手→即ローテーション」という流れ通り、大学生投手を連続指名しました。

しかし全体を見渡すと、全体12名評価ボーダーラインの森選手を指名したことに端を発し、0.5巡ずつ指名が早い感があり、下位でも「この選手まだ残っていたんだ」と思えるような選手を指名できていません。

特に、今オフにメジャー挑戦がウワサされている筒香選手の長距離砲の後継者となる選手が指名できていません。

従って、全体的に小じんまりした感が残ってしまいました。

12位:楽天(50点)

ドラフト結果

  • 1位 小深田大翔選手:内野手・社会人(佐々木選手外れ)
  • 2位 黒川史陽選手:内野手・智弁和歌山高校
  • 3位 津留崎大成選手:投手・慶応義塾大学
  • 4位 武藤敦貴選手:外野手・都城東高校
  • 5位 福森耀真選手:投手・九州産業大学
  • 6位 瀧中瞭太選手:投手・社会人
  • 7位 水上桂選手:捕手・明石商高校

指名評価

全体的に「強弱のないぼやけた指名」となった印象です。

社会人・大学生に即戦力を期待した指名のように思えますが、高校生投手の指名もなく、数年後に対するワクワク感が感じとることができませんでした。

せめて、未来のエース候補か大砲候補を指名して欲しかったものです。

全体的に底上げしたい楽天のチーム事情があると察しますが、今年だけでは補いきれないので、来年以降は「補強テーマ」を絞って強弱のあるパンチの効いたドラフト指名に期待したいものです。

総評

今ドラフトで重複確実と注目された”BIG3”は、大船渡高校の佐々木選手が4球団競合のうえロッテが交渉権を獲得し、星稜高校の奥川選手は3球団競合のうえヤクルトが交渉権を獲得しました。

佐々木選手にはパリーグ球団に指名が集まり、奥川選手にはセリーグ球団に指名が集まったのも偶然ではないように思えます。

「人気のセ。実力のパ。」と言われるが如く、プロのスカウトの目からすると、やはり数年後に日本球界を代表する投手となっているのは佐々木選手なのかもしれません。

一方、森下選手は広島の単独指名となりました。

3年前にロッテの佐々木千隼選手(桜美林大学)が1位重複確実と目された中、1巡目での指名がなく、外れ1位で5球団が重複したときのようでした。

春先からの評価を落とした横浜高校の及川選手や日大三高校の井上選手の今後の成長に期待していますし、U18で評価をあげた創志学園高校の西選手や興南高校の宮城選手にもエースへと成長して欲しいものです。

来年のドラフトは「野手の年」と言われています。

冬場の練習、春夏の甲子園・・・早くも来年のドラフト候補生に注目しています。