スポーツ

【MGC】マラソンが2020東京五輪の主役だと確信した日

2020東京オリンピックの主役は”マラソンン”だ!

2019年9月15日、『2020東京オリンピック』のマラソン日本代表を決める【MGC】(マラソングランドチャンピオンシップ)が、本番とほぼ同じコースで開催された。

休日にマラソン放送を何気なく見るのが好きな僕だが、今回のMGCは真剣に見入った。

「マラソンはこんなに興奮して、面白いスポーツなんだ!」

日頃何気なくマラソン中継を観ている僕のような観戦者をはじめ、マラソン関係者でさえ興奮したレース展開は、まさに”一発勝負”だからこそのドラマであった。

そんな感覚を持ったのは、僕だけではないと想像する。

では、”なぜ”今回MGCは多くの人に興奮と感動をもたらしたのか?

今後のマラソン界は、どういう道筋を描けば良いのか?

MGCの結果

2020東京オリンピックのマラソンに出場できる日本人選手は、前回のリオ・オリンピック(2016年)同様「男女各3名」だ。

※男子内定者(2名+1名)

  • 1位(内定):中村匠吾選手(富士通)
  • 2位(内定):服部勇馬選手(トヨタ自動車)
  • 3位(準内定):大迫傑選手(ナイキ)

※女子内定者(2名+1名)

  • 1位(内定):前田穂南選手(天満屋)
  • 2位(内定):鈴木亜由子選手(日本郵政グループ)
  • 3位(準内定):小原怜選手(天満屋)

※男女共、MGCの1位・2位の2名は内定決定。

※今後の男女指定レース(複数あり)で選考指定タイムを上回る成績を突破した最上位者が3人目の代表内定者となるが、その指定タイムを上回る者が出なかった場合は、今回のMGC第3位の者が日本代表内定者となる。

一発勝負の面白さ

過去の日本マラソンの代表選考は、とにかく選考基準が不透明で、その暗黒の歴史が起因してマラソンという競技までもつまらなくしていた。

世界陸上を含めれば、代表人数以上の選考指定レース数があり、指定レースを優勝した選手が代表もれするなど、とにかく恣意的選考を繰り返した歴史があった。

しかも有力選手が異なるレースに出場するため、「本当は誰が強いのか」がハッキリとしないモヤモヤ感満載の選考であった。

その代表選考の不透明さを払しょくし、同一レースで白黒つけようと試みたのが、今回のMGCである。

図らずも、今回の男女共にひとりの選手が逃げる展開となった。

代表内定確定枠は”2枠”。

つまり、逃げた選手が優勝することがあっても、2位になればよいのだ。

そのため、逃げた選手を追いかけて自分が失速してはいけないとばかりに、2位集団が牽制し合った。

更には、通常第2グループから脱落した選手が復活することがまずないのがマラソンなのだが、今回は第3グループの選手が再び第2グループに追いつくなど、これぞ一発勝負がなせる粘りがあった。

最終盤のデッドヒートも、男女共に見ごたえ十分であった。

男子においては、一度2位にあがった大迫選手を、最後の最後で服部選手が抜き去って2位に上がったし、女子においても、40kmを越えても2位の鈴木選手と30秒近い差があった小原選手が、最後は目と鼻の先まで猛追した。

「マラソンは順位を競う競技!」

青山学院大学の原晋監督が発した。

タイムを競うだけならば、平準な流れで走れば良い成績がでる。

しかしながら試合は違う。

順位を競うからこそ駆け引きが生まれ、流れに強弱が生じるからこそタイムで測れない結果となる。

今回のMGCは、まさに順位を競う緊迫感あふれる試合運びであった。

「マラソンってこんなにも面白いんだ!」

そう思えた一日であった。

大人の事情を大人の手腕で解決して欲しい

代表3名の内、2名はこのMGC一発勝負で決定した。

しかしながら、のこり1名は今後の指定レースの結果次第で決定される。

その指定レースは、従来の代表選考に指定されていた日本マラソンのメジャー大会である。

しかも、順位ではなくタイムが選考基準だ。

男子は、日本新記録となる2時間05分49秒。

女子は、この2年間の日本女子最速突破(歴代8位)となる2時間22分22秒。

タイムを競うだけならトラックレースにすればいいし、レースというよりも暴走となることが大いに予想される。

しかもタイムがとてつもない設定なので、途中で突破が無理な展開になれば、観戦する方も一気に興ざめしてしまう。

それならば、MGCで3名一発選考の方が、よっぽどスッキリとするだろう。

今回初めて試みたMGCは、”一発勝負の駆け引き”と”選考基準の透明性”から、マラソンを面白くさせた。

それでもなお、従来のメジャー大会は残っており、2024以降のオリンピック日本代表選考方法は今回同様の方式を採用するかは不透明だ。

従来のメジャー大会には、長い歴史によるスポンサーや地元支援があると想像するが、再び選考レースがばらけたり、選考基準が不透明になるなどして、せっかくマラソンの面白さが伝わりかけている日本マラソン界の光を、協会が閉ざさないようにして欲しいと願うばかりである。

是非とも、大人の事情を大人の手腕で解決して欲しいものだ。