ブログ初心者

アナリティクスのセッション継続時間が『0秒』になる理由

ブログ運営において、読者の『滞在時間』は気になるところですし、重要な課題です。

滞在時間が長いということは、その記事をしっかりと読んでいるということで、その記事が評価された証です。

一方、滞在時間が短いということは、その記事が読者を満足させることができなかったことを示しています。

僕も利用していますが、グーグルのアナリティクスにある『セッション継続時間』によって滞在時間を分析しています。

ところがブログ開設当初に、そのセッション継続時間に”0分00秒”と表示されることがありました。

滞在時間が0秒!?

全く読まずに帰った読者ばかりってこと?

更に詳細データを見ても、ひとりやふたりではなく、多数の読者が0秒で立ち去っているようなデータでした。

このデータを見たときにあせりました。

それでも色々と調べていくうちに、セッション継続時間が”0分00秒”と表示されるには理由があることが分かりました。

読者が長く滞在するにこしたことはありませんが、ブログ初心者の方は、アナリティクスのセッション継続時間が”0分00秒”と表示されても「理由」がありますので、どうぞあせらないでください。

『直帰』と『離脱』について

アナリティクスのセッション継続時間の仕組みを知る前提として、『直帰』と『離脱』の違いを認識しておく必要があります。

『直帰』とは、読者が訪れたページのみ閲覧して、サイトから立ち去った状態を指します。すなわち、読者は「1ページ」のみを閲覧した状態です。

一方の『離脱』とは、読者が訪れたページ以外にもサイトの別ページを閲覧した状態、すなわち「2ページ以上を閲覧した」後にサイトから立ち去った状態を指します。

『セッション継続時間』の算出方法

本題となる『セッション継続時間』の算出方法は、<読者が訪れたページから次のページに移った時点>で、前のページの滞在時間がカウントされます。

例えば、読者が最初のページに5分間滞在して次のページに移ったとき、そのページの滞在時間は「5分間」です。

逆に、そのページのみで直帰した場合は、そのページの滞在時間に関わらず”0分00秒”となってしまいます。

従って、サイト全体のセッション継続時間が0分00秒の場合は、直帰率も100%となっていることと思います。

このことは複数ページを閲覧した離脱読者の最終ページにも当てはまります。

最初のページで5分間閲覧した読者が次のページに移ったときに「5分間」がカウントされ、2ページ目で7分間閲覧した場合に次の3ページ目に移った時点で「7分間」がカウントされますが、その読者が3ページ目で離脱した場合は、2ページ分の「12分間」しかカウントされません。

まとめ

アナリティクスの『セッション継続時間』が”0分00秒”と表示されて、「みんな速攻で立ち去ったのか?」とガックリしないでください。

そのときの『直帰率』も100%ではありませんか?

最初のページだけで直帰した場合は、読者がどれだけ長く滞在しても”0分00秒”としかカウントされません。

本当に0秒だったかもしれませんが、時間を掛けて最後まで読まれたとしても、そのページだけで直帰した場合のセッション継続時間は”0分00秒”としかカウントされません。

同様に、複数ページが閲覧された場合であっても、最終ページの滞在時間はカウントされません。

実際の滞在時間は、0秒以上であることは確かですのでご安心ください!

ただし、複数ページが閲覧されるようなサイト全体の工夫は必要ですし、直帰となってしまう場合であっても、最後まで読まれるようなコンテンツに仕上げることが重要であることはいうまでもありません。

ブログ初心者のみなさん、お互いがんばりましょう!