スポーツ

高校野球の球数制限導入を考える

かつての高校野球は、「エースがひとりで9回を投げ抜く」のが美学であり必勝パターンでもありました。

『巨人の星』や『ドカベン』の世界です。

しかしながら、160kmを超える高速化や変化球の多様化など、投手の肉体に負担が増えるにつれて、高校生時点で将来を絶たれる投手や、高校生時代の疲労や故障が原因でその後大成できなかった投手も増えてくるようになってきました。

近年来投手の球数制限議論がくすぶっていましたが、今夏の岩手大会決勝戦において大船渡高校の佐々木朗希投手が決勝戦の登板を回避したことが全国的に注目され、『高校野球の球数制限導入議論』が不可避となり、現在各所でその賛否が論じられています。

そんな中、今夏の小学生の全日本軟式野球連盟が主催する全国大会(マクドナルド・トーナメント)においても、1日の球数を「70球」に制限する規定が設けられるなど具体的な動きがあらわれてきました。

僕は、『球数制限』に賛成です。

球数制限は、「誰のため」に必要か

球数制限議論がなされるとき、「誰のため」に必要なのかが見失われると、議論がかみ合わなくなってしまいます。

選手のため

球数制限は、「選手のため」ということが最優先です。

議論の発端(根源)は、「投球過多」によって投手生命を絶たれる選手が多くみられるようになったことが起因しています。

特に甲子園大会の過密日程によって、海外ではありえない程、1人の投手が短期間に多くの球数を投げてしまうことが1番の原因です。

甲子園は高校球児本人ばかりか家族や地域の<夢>であり、その夢の実現に向けて「ここで終わってもいい」とばかりに多投して、野球人としての将来を失った選手が過去に多くあらわれました。

もしかしたら、その時期を後悔していない選手もいるかもしれませんが、才能ある高校生の将来を左右するには若過ぎますし、そんな投手を「ルールによって守る」というのが球数制限議論の出発点でありますので、最優先されるべきは選手そのものです。

指導者のため

球数制限は、選手だけではなく「指導者を守る」ためにも必要です。

我々が目にするのは甲子園常連校の監督であり、自身も立派な野球歴を持ち、豊富な指導歴を持っている方ばかりです。

しかし全国の野球部を見渡せば、そういった野球に精通されれいる方ばかりではありません。

特に公立高校の野球部においては、野球選手としての経験があまりない方が指導者になっているケースも少なくありませんが、そんなチームにある日突然大投手が入学して大会を勝ち進んだとき、その投手オンリーで戦いがちです。

そんなときにも、球数制限というルールがあれば、雰囲気に流されることなく選手を変える必要が生じます。

選手が壊れても勝ち進むと決めている監督は皆無であると信じていますが、甲子園を目の前にしたとき、ほとんどの監督が無意識に1人のエースを連投させてしまうという結果になってしまうのだと想像します。

ファンのため

「アマチュアなんだから、ファンは二の次だ」とのご意見はもっともです。

しかし、僕の持論は若干違います。

甲子園大会は、選手や家族、そして地域の<夢>でもあります。

そんな「みんなの夢を代表して」甲子園で戦っている姿に、みんなが応援しているのだと思います。

そして、野球は「職業になり得る種目」です。

言い換えれば、興行として収益が見込める種目です。

大会会場や大会日程などを「選手ファースト」に改革していくにも、当然ながら金銭がかさばりますが、高校野球人気があればこそのことです。

従って、ファンを優先させてまでもとは言いませんが、『選手』や『指導者』のための球数制限等の改革が、高校野球ファンにも理解を得やすい内容で決着して欲しいというのが、僕の願いです。

『球数制限』と『登板間隔』はセットで議論されるべき

高校野球の有名監督の中にも、「1試合の球数よりも、むしろ登板間隔の方が重要」と意見されている方もいるように、『球数制限』と『登板間隔』はセットで議論されるべきだと思います。

有名監督は「甲子園で優勝する」という命題のために投手の登板・投球過多に陥りがちなように思えますが、今年の夏の甲子園を振り返っても、優勝を狙っている高校は複数の投手で”ローテーション”を組んで大会に臨んでおり、既に投手の故障予防に十分気をつけた体制をとっているように見えました。

エースを温存することによって負ける確率が高まる試合においても他の投手で切り抜け、上位進出校はみな1人の投手が連投しないような大会運びをしていました。

国際基準に合わせる

今夏の甲子園終了後に開催された<第29回U18W杯>においても、『球数制限』と『登板間隔』に対する大会規定を設けています。

  • 49球以下→連投可能
  • 50~104球→中1日(翌日登板不可)
  • 105球以上(その打者まで)→中4日
  • 球数に関わらず3連投まで
  • タイブレーク→延長10回から

『国際大会のルール』がありますので、まずはこの「国際ルールに合わせていく」とうい議論を出発点とした方が右往左往しなくてすみますし、賛同を得やすいとも思えます。

また、仮にこの国際ルールに合わせることになった場合、高校野球の”分業化”が必須となってきて、従来のように先発投手を多数そろえて試合ごとにローテーションを組む方式から、先発・中継ぎ・抑えと「適材適所」の投手が必要となってきます。

従って、国際ルールに合わせた「投手の適材育成」と「継投が必然な戦い方」が必須となってきますので、このルールに合わせた育成をしないと国際試合に適応する選手を育成できないことにもなってきます。

今回のU18W杯に当てはめても、エースとして星稜の奥川恭伸投手が先発適正を発揮しましたし、習志野の飯塚脩人投手は抑えとして活躍しました。

また「投手全体の球数を減らす」という意味合いからも、甲子園大会では延長13回から実施されているタイブレークですが、国際大会では延長直後の10回から実施されており、このことは即導入可能だと思います。

「国際化しなければいけないのか?」

とうい議論も想定できますが、野球はベースボール発祥の地米国が本場ですし、そのメジャーに挑戦する選手が日常的にあらわれた現在の日本においては、日本野球の発展のためにも、メジャー挑戦する選手のためにも、国際ルールに適応した高校野球の育成・振興がベストであると僕は思います。

過密日程を改善する

登板間隔は、過密日程に起因しています。

大会日程に余裕があれば、必然と登板間隔にも余裕が生まれます。

その点はサッカーが参考になります。

サッカーは、出場全選手の肉体的疲労を考慮して、次の試合までに必ず数日の休養日を設けています。

ただし、サッカーのように実施するとなると、「全試合甲子園球場」という設定をあきらめて、大会序盤は各所球場で行い、上位戦のみ甲子園球場とならざるを得ませんので、ここまで甲子園球場そのものが高校球児の夢となっている現状においては、考えるのは簡単でも実施となると賛否がおおいにありそうです。

また、甲子園大会そのものだけの日程に注目されますが、夏の甲子園前後の日程が過密です。

春のセンバツ甲子園は、前年秋の都道府県大会に始まり、地区大会や明治神宮野球大会を経て、春休みに本大会へと進むので休養をはさみながら実施されますが、それ以降の大会日程が過密です。

新年度の前哨戦から始まり、7月中旬以降から地方大会、そして直ぐに2週間強の夏の甲子園大会。

それが終わると、すぐに国際大会。

そのまたすぐに国体。

7月の地方大会からカウントすると、激戦区からのチームならば、国体までに20試合弱をわずか3カ月程度で戦うことになります。プラスその間の国際大会。

夏の甲子園本大会だけで投手が壊れてしまっているように報じられますが、地方大会から国体までの”一連の過密日程”をなんとか見直して欲しいものです。

みんな高校野球が好きだからこその議論

『球数議論』に賛成する方も反対する方も、「みんな高校野球が好きだからこその議論」であることを忘れてはいけません。

自分の意見と相反する意見の方や、世代間ギャップでかみ合わない意見の方がいたとしても、その方にとって「高校野球と高校球児にとって最善の方策」を考えた結果の意見であると尊重しなければいけません。

一部TVのコメンテーターの方の発言を聞いていると、「相手を尊重するというスタンスに欠けているのでは?」と感じた態度の方がいました。

そういう方は、甲子園を目指した球児や指導者が身の回りにいるのでしょうか?

地域の高校球児に、地元の夢を重ね合わせたことがあるのでしょうか?

「自分の限界を超えてこその高校スポーツ」

「鍛えなければ強くなれない」

僕も野球部の経験がありますので、そういう意見のプロOBや高校野球指導者の方の意見はすごく共鳴します。

しかしながら、現在の高速投球に対する投手の肉体的負担増や国際標準を鑑みれば、日本の高校野球においても『球数制限』導入を実施すべきというのが僕の持論です。