スポーツ

2019プロ野球各球団のドラフト1位指名予想!

高校の佐々木・奥川投手か、あるいは大学の森下投手か!

プロ野球各球団がドラフト会議指名候補選手の絞り込みにあたっているとの記事を見かけるようになってきました。

昨年2018ドラフトでは、根尾・藤原・小園選手という高校生しかも野手に11球団の指名が重複するという結果になりましたが、今年のドラフトにおいても、佐々木朗希投手(大船渡高校)・奥川恭伸投手(星稜高校)・森下暢仁投手(明治大学)の3選手に1位指名が集まりそうな動向です。

『僕の願望』と『各球団の事情と指名傾向』から、今年の”ドラフト1位指名予想”をしてみました。

※2019日本プロ野球(NPB)ドラフト会議

  • 2019年10月17日(木)17:00から

いきなり各球団のドラフト1位指名予想

僕が予想(かなりの願望含む)する、各球団の『ドラフト1位指名予想』は次の通りです。

  • ヤクルト   → 森下暢仁投手(明治大学)  :投手(右投右打)
  • オリックス  → 河野竜生投手(社会人)   :投手(左投左打)
  • 中日     → 石川昂弥内野手(東邦高校) :三塁手・投手(右投右打)
  • 日本ハム   → 佐々木朗希投手(大船渡高校):投手(右投右打)
  • 広島     → 奥川恭伸投手(星稜高校)  :投手(右投右打)
  • ロッテ    → 奥川恭伸投手(星稜高校)  :投手(右投右打)
  • 楽天     → 佐々木朗希投手(大船渡高校):投手(右投右打)
  • 阪神     → 井上広大外野手(履正社高校):外野手(右投右打)
  • DeNA   → 森下暢仁投手(明治大学)  :投手(右投右打)
  • ソフトバンク → 佐々木朗希投手(大船渡高校):投手(右投右打)
  • 巨人     → 奥川恭伸投手(星稜高校)  :投手(右投右打)
  • 西武     → 森下暢仁投手(明治大学)  :投手(右投右打)

※追記:上記記載順番は、ペナントレース逆順位=今年の2位指名順番で記載しています。この2位指名順番は、各チームのドラフト戦術を考えるうえで重要なポイントにもなってきます。

有力候補3選手をどう評価するか

ドラフト候補の動向が固まってきた現状、佐々木・奥川・森下の3投手に1位指名重複が確実な状況となってきました。

昨年の3選手は全て高校生でしたので、将来を期待しての指名であったと思われますが、今年の3選手は、『高校生の佐々木・奥川投手か大学生の森下投手か』という視点と、『即戦力の森下・奥川投手か将来の佐々木投手か』といういう、どちらのスタンスを各球団が持つかによって指名が分かれることになってくると思われます。

また、今年は「投手指名の年」といわれていますので、”高校BIG4”の及川雅貴投手(横浜高校)・西純矢投手(創志学園高校)や大学・社会人の即戦力選手の単独指名を狙う球団が現れるかもしれません。

佐々木朗希投手(大船渡高校)

  • 投手:右投右打
  • 189cm/81kg

長身からくりだす163km(国内高校生最速)のストレートは迫力満点で、メジャーも注目するまさに10年に1人でるかでないかの素質を持った逸材です。

先日のU18日本代表の壮行試合においても先発登板し、1イニングではありましたが大学日本代表選手を2奪三振を含む三者凡退に抑えました。

そのストレートと140kmのフォークは圧巻で、素人の僕が見ても「モノが違う!」と感じました。

岩手大会決勝戦を登板回避し、壮行試合でも血まめによって予定イニングを投げれなかったようなので、まだまだ「プロとしての体力」を養うには時間がかかるように思えますが、大成すれば間違いなく”日本球界を代表する投手”になるでしょうし、その投球によって”お客さんを呼べる投手”になれると思います。

岩手県出身の投手といえば大谷選手や菊池投手のメジャーリーガーを彷彿させますが、彼らは花巻東高校という名門で鍛えられて球界入りしましたが、佐々木投手は公立高校からのプロ入りとなりますので、育成には最低でも2~3年はかかるでしょうし、育成過程によってフォームが崩れたり故障したりといったリスクが高いことが懸念されます。

従って、佐々木投手を指名する球団は「育成に自信と時間的余裕がある球団」であり、即戦力を求める球団には適合しません。

佐々木選手の投球そのものは度肝を抜くもので評価はうなぎ上りではありますが、故障させたときのパッシングを考えると指名にしり込みする球団が増えてきたのではないかと想像し、今春時点では過去最高の1位指名重複もあるのではないかと騒がれていましたが、思ったほど重複しないのではないかと僕は予想しています。

奥川恭伸投手(星稜高校)

  • 投手:右投右打
  • 183cm/82kg

4期連続甲子園出場・2018秋明治神宮野球大会準優勝・2019夏甲子園準優勝。

当世代ナンバーワンの実力と実績を持った高校生投手です。

今春時点では、佐々木・及川・西投手と共に”高校BIG4”と並列に評価されれおり、むしろ佐々木投手の評価が1番手でした。

しかし、この夏の甲子園で見せた投球によって、現在は当世代の投手の中でも頭ひとつ抜けた評価がプロのスカウトからも聞こえてきます。

今夏、特に圧巻だったのが智弁和歌山との延長14回を投げ抜いてサヨナラ勝利した甲子園球史に残る一戦であったように思えます。

昨夏甲子園の済美戦で足をつって降板した後、チームは延長タイブレークのサヨナラ敗けを喫してしまいますが、今夏の一戦で足がつったときは、最後の甲子園とばかりにひとりで投げ抜きました。

延長に入ってからも150kmを超えるストレートを投げる体力と、キレッキレのスラーダー、そして四球が少ない投球術は、高校生ながらも「試合をつくれる即戦力投手」であるとプロのスカウトが最高の評価をつけています。

三振を次々奪う投球とその愛らしい表情、そしてエースとしての自覚を見せた今夏の甲子園において、奥川投手は『甲子園のスター』として語り継がれる存在になったといえます。

佐々木投手と奥川投手は、投球術やこれまでの臨戦過程から、将来の投手成績と共にファン層も違ってくるように感じます。従って、佐々木投手と奥川投手のどちらを指名しようか迷っている球団は「球団のアイデンティティ」をしっかり持たないと指名に迷いますし、今後の育成もうまくいかないでしょう。

森下暢仁投手(明治大学)

  • 投手:右投右打
  • 180cm/73kg

大分商業高校時代にもU18日本代表に選出されてドラフト候補にあがっていましたが、明治大学へと進学し、先日のU18壮行試合でも大学日本代表の先発を務めたように、当世代大学生ナンバーワン投手です。

壮行試合での投球を見ても、150kmを超える球速以上に重さを感じるストレートは「さすが大学生!」と思わせる球の質がありました。木製バットに慣れていない高校生相手とはいえ、日本代表であっても高校生との違いが鮮明でした。

また、その日登板した他の大学生投手を上回る球質であり「プロで通用するストレート」とはこういう質感であるのかと再認識させる投手でした。

そのストレートと共に森下投手が武器としているのが、落差が大きく緩急が効いたカーブです。

150km超えの重いストレートと110km前後の落差のあるカーブで打者は翻弄され、三振のとれる投手で四球も少ないのが特徴です。

奥川投手も即戦力といわれてはいますが、やはり大学生の森下投手の球の質や投球と対比すると「即戦力投手ならば森下投手」に軍配があがります。

ただし、先日の壮行試合ではカーブが高めに浮いていました。

ときおり抜けていたという感じではなく、常に高めに浮いてしまい、低めに制球できていない状態でした。

このことがこの日だけの状況なら修正できますが、常時高めに浮いてしまうのであれば、プロの強打者にはホームランボールとなってしまう危惧を感じました。

重複3選手をどうとらえるか

昨年のドラ1高校生3選手の誰を指名しようか迷った球団も多かったことと想像しますが、今年の3選手は、高校生と大学生という違いや、佐々木・奥川両高校生で迷う球団も、両投手が主力となるのにかかる時間に大差があると想定される中、球団内でも評価が分かれることになると思います。

過去の高卒投手を振り返ってみても、高卒1年目からいきなりチームの主力投手として活躍したのは西武の松坂投手くらいで、1年目の後半に一軍デビューし本格化するのは2年目となれば上出来で、高校生の投手が即活躍できるほどプロの世界は甘くないです。

そうやって考えてみても、”即戦力投手”を求めるならば森下投手、現在の森下選手のパフォーマンスを4年以内に超えると感じているならば佐々木・奥川投手のいずれかという選択になってくると思います。

僕がGMならば”奥川投手”です。

今年のドラフト戦術を考える

ファンは「今年のドラフト」だけを考えますが、球団は「現在のチーム事情」や「来年以降のドラフト候補の状況」といった判断と、「今年の指名順番」とかいった”総合判断”によって実際は指名していきます。

指名順番

日本プロ野球(NPB)のドラフト会議は、1位指名を各球団が一斉に指名し、重複した場合は抽選により指名球団を確定させ、1位指名(全12選手)が確定するまで外れ球団同士でそれを繰り返します。

そして、2位以下においては『ウェイバー方式』を採用しています。

2位指名以降は、1球団ごとに指名を確定させていきます。

2位指名の1番手(全体の13番手)は、今年でいえばセ・リーグの最下位チームで、その次(全体の14番手)がパ・リーグの最下位チームとなります。

そこから順に成績下位チームが指名をしていき、セ優勝球団(全体23番手)・パ優勝球団(全体24番手)で2位指名が完了します。

3位はその逆順となり、4位以降は折り返しの指名順番となります。

ここで重要なことは、2位指名の選手は全体の13番手から24番手の選手となるわけですが、自球団が2位指名の1番目にある場合は13番手と評価していた選手を指名できますので、その球団にとってはほぼ1位同様の有力選手を指名できますが、2位指名が最後となる球団においては、自球団が2位以内には絶対指名したい選手がいたとしても、2位指名が早めの球団に指名されてしまうとその選手を逃してしまいます。

従って、2位指名が遅い球団(ペナント上位球団)は、2位でも指名できるかなという選手については、1巡目や外れ1位のように、指名順をあげて指名するかを迷うことになっていきます。

重複予想3選手以外にも好投手が多い

佐々木・奥川の高校生投手を狙いにいく球団にとっては、もともと”高校BIG4”とされていた及川投手や西投手も1位指名候補となってきます。

また、森下投手を狙いにいく球団は即戦力投手を希望している球団でしょうから、そこでも今年は大学や社会人に外れ1位候補の好投手が多いです。

このように、今年は3投手が頭ひとつ評価が高いとはいえ、ドラフト1位候補の素材型・即戦力型双方の好投手が多いのも特徴なので、その外れ1位指名までも重複してしまうならば、1巡目で単独指名を狙いにいく球団が現れることも十分予測されます。

昨年西武が大学の松本投手を1本釣りした戦術です。

従って、そういう戦術をとる球団にとっては、「今年のトップ3選手の評価」「自球団の4番手評価の選手(単独指名狙い)」「自球団の12番手評価の選手(クジを外しまくった状態)」を天秤にかけたうえでの判断となってきます。

実は「今年は捕手が豊作な年」でもある

重複予想3選手など投手に注目が集まり、「野手は不作」であるのが今年のドラフト候補全体を見渡したときに多く聞かれる評価です。

実際、今夏の甲子園においても2年生の野手に高評価の選手が多く見いだされ、U18日本代表の外野手2名がいずれも2年生でることからも、「野手ならば来年」というのがスカウト評です。

そんな中、ドラフト1巡目ではきついが、2・3位では狙いたい大学生捕手や中位以降で狙いたい高校生捕手は多数存在し、1位指名に投手が集中するであろう陰にかくれてはいますが、実は今年は「捕手が豊作」です。

捕手は毎年指名するポジションではありませんし、育成にも時間がかかりますが、その捕手が主力となれば長年継続できるポジションですし、何よりも扇の要として重要な役割を担っていくことになります。

更に、今シーズン途中において捕手不足が発生して慌ててコーチや育成選手を支配下登録したチームや、捕手の年齢バランスが悪いチームにとっても、即戦力型と高卒素材型いずれも指名候補が揃っていますので、捕手を指名したい球団にとっては必ず確保したい年にもなっています。

従って、どうしても近未来の主力捕手を希望している球団は、2位指名ではなく1位指名で捕手を指名することも考えられます。

各球団の「事情」と「指名傾向」から予測した今年の1位指名予想

ヤクルト

青木選手の年齢やバレンティン選手のFA去就も気になるところではありますが、今年大ブレイクした村上選手をはじめ打撃陣は強力なものの投手陣が崩壊しているヤクルトにおいては、即戦力投手の指名が急務です。

そうなれば、当地神宮のスターである明治大学の森下暢仁投手を重複覚悟で指名する以外にありません。

オリックス

何をどうやっても下位から脱出できないオリックスは、”確実に”即戦力投手の単独指名に向かうしかありません。

その中でも、チームで手薄な左腕であり本拠地近隣の徳島県出身(鳴門高校)社会人である河野竜生投手の1位指名を予想しました。

河野投手は高校時代から注目されていた選手で、外れ1位となった場合も十分重複指名が予想される評判投手です。また高卒3年目ですので、大卒よりも1年若いというところも伸びしろに期待が持てます。

オリックスの緊急事態は「捕手の補充」ですが、1位指名の12人を考えたとき、1位で消えることが確実な河野投手を指名し、2位指名に佐藤都志也捕手(東洋大学)か海野隆司捕手(東海大学)の即戦力捕手を指名すると予想します。

中日

今ドラフトの目玉である東邦高校の石川昂弥選手と星稜高校の奥川恭伸投手が親会社である中日新聞の販売エリアであることから、どちらかの二択であると予想します。

中日の現状を考慮したとき投手獲得が急務であり、最近の報道からも奥川投手指名が濃厚のように思えます。

石川選手も今春センバツ甲子園で優勝した投手ではありますが、本人も野手としてプロ入りを志望しているようで、U18壮行試合でも高校生の中で唯一木製バットでも素晴らしいバッティングを披露していました。

中日としては奥川投手を1位指名して、抽選を外しても石川選手を外れ1位指名する目論見であろうと感じていましたが、石川選手の評価が急上昇していますので、他球団から1巡目指名されてしまう状況も十分にあり得ます。

そうなると、地元愛知県出身のイチロー選手を指名できなかった過去のトラウマから、奥川投手指名に固まりつつも、最後は石川選手の1位指名となると予測していますし、そうなって欲しいと思います。

日本ハム

”その年の1番いい選手をドラ1で指名する”という方針を貫いている日本ハム。

今年も、早々に佐々木朗希投手の1位指名を明言しています。

佐々木投手が大成すればメジャー級になるのは間違いありませんので、ダルビッシュ投手や大谷選手を輩出した日本ハムは、佐々木投手にとってもうってつけの球団のひとつであると思います。

広島

資金力が不足している広島においては、常にFA移籍による主力選手流失を意識した若手中心のドラフトが目立ちます。

ここ最近でも、中村捕手や小園選手といった次世代の主力となる選手を重複覚悟で指名している傾向にあります。

また猛練習が特色の広島ですから、佐々木投手の指名はないと予想します。

そういったチーム事情と指名傾向から、奥川恭伸投手指名と予想しました。

ロッテ

石川・涌井・ボルシンガー投手で支えているロッテですが、主力投手が高齢化しており”次世代のエース候補獲得”が急務です。

そうなれば、森下暢仁投手か奥川恭伸投手ということになりそうですが、若手投手陣に星稜高校出身の岩下投手がいることからも、奥川投手指名と予想しました。

阪神

金本監督時代のドラフトは、”将来の主砲候補探し”に迷走した阪神のドラ1ですが、矢野監督になって普通のドラフト指名をすることなく、阪神らしい?指名を貫いて欲しいです。

ここはもう、地元大阪の履正社高校・井上広大外野手一択でしょう!

今夏の甲子園決勝戦で、奥川投手から放ったあの一発は強烈でした。

実はあの決勝戦において、本塁打以外は3三振と内野ゴロ1と、井上選手は奥川投手に抑えられてはいますが、いかんせんあのひと振りがみんなの記憶に残っています。

「2位以下でも十分獲得できる」とか「外野しか守れない」とか「木製バットに対応できるのか」とか・・・そんな細かいことを阪神はいってはいけません。

”地元大阪出身の主砲候補”として、阪神らしく堂々と1位指名で井上選手を獲得して欲しいと期待しています。

楽天

地元が東北で、石井GMがメジャーの投手となれば、佐々木朗希投手の1位指名以外には考えられません。

岩手大会決勝戦で敗れて甲子園に出場できなかった佐々木投手が、地元の楽天からメジャーを目指す姿を見てみたいものです。

DeNA

過去は重複を避けて大学生投手の単独指名傾向にありましたが、DeNAとなってからは重複指名も覚悟した指名も見られるようになってきました。

チーム事情からは野手陣を強化したいでしょうが、今年のドラフト1位候補の中には即戦力の野手1位候補は見当たりませんので、重複覚悟で森下暢仁投手の1位指名と予想しました。

地元横浜高校の及川雅貴投手の1位指名動向が気になるところですが、現状では外れ1位でも残っている模様なので、1巡目指名は森下投手とみます。

ソフトバンク

これまでの日本プロ野球界において、”メジャーへの登竜門”といえば日本ハムでしたが、メジャーの1巡目指名を拒否したスチュワート投手を獲得したことからも、今後は日本ハムとは多少違ったアプローチで”ソフトバンクからメジャーへ”という流れができてくるかもしれません。

育成といえばソフトバンクですので、佐々木朗希投手を1位指名し、いずれはメジャー挑戦できる投手へと育てて欲しいと思います。

巨人

マスコミ情報では、佐々木朗希投手と奥川恭伸投手が聞こえてきます。

一時は重複指名を避ける傾向にあった巨人のドラフト1位指名ですが、ファンやOBからのパッシングにあい、ここ最近は重複覚悟で評判選手を指名しています。ただしクジ運が悪いです。

ここは”甲子園のスター”奥川投手を指名して、同時に星稜高校の先輩である松井秀喜氏のヘッドコーチ就任といきたいところです。

巨人ファンは優勝はもちろんのこと、生え抜きの『華』のある選手を求めています。

そして、奥川投手の相棒・山瀬慎之助捕手も指名して、山瀬捕手が主力となる頃に阿部慎之助監督誕生という流れになれば、巨人ファンの僕としては最高です!

唯一気になるのが、原監督の出身校である東海大学の海野隆司捕手の指名動向です。

U18壮行試合では評判通りの強肩と共に、長打力があることもうかがわせて、即戦力捕手を獲得したい球団にとっては、最上位指名候補と位置付けた球団もあると思われます。

海野捕手は主力を担える選手であると思いますが、1巡目で指名するのは捕手迷走状態の巨人をますます混とんとさせますので避けて欲しいところです。

巨人はドラフトでスター選手を指名せよ! 夏の甲子園も閉幕し、U18や大学のリーグ戦へと進むと、野球ファンとして次に気になるのが『ドラフト会議』です。 高校野球ファ...

西武

秋山・山川・森・中村選手と並ぶ打線は迫力満点ですので、やはり投手陣を充実させたいでしょう。

昨年のドラフトにおいて、他11球団が高校野手3選手を1巡目指名した中、唯一西武が大学生の松本投手を単独指名しました。

今年も単独指名狙いが気になるところではありますが、ここはチーム事情からも素直に森下暢仁投手の1位指名と予想します。

まとめ

かつては1人の選手に多数の1位指名が集まることはありましたが、昨年のように3選手しかも高校生野手に11球団も指名が重複することはありませんでした。

それだけ、各球団が重複覚悟でも評判選手を獲得したい傾向にあることがうかがえます。

今年の評判3選手はいずれも投手ですので、12球団全てで3選手に指名が集まることも十分考えられます。

僕は、ファン球団である巨人に奥川恭伸投手を指名して欲しいことと、阪神が井上広大外野手を指名するのかが気になっています。

そしてやはり、佐々木朗希投手がどの球団に進むのか注目です。