スポーツ

2019夏の甲子園:【みごと的中!】優勝予想の結果はどうなったか?

Contents

2019夏の甲子園『第101回全国高校野球選手権大会』!

結構自信があった僕の”優勝候補と優勝予想”ですが、いざ開幕すると他にも強豪校がズラリとならびました。

近江・八戸学院光星・仙台育英・明徳義塾・関東一・作新学院・中京学院大中京・沖縄尚学・花咲徳栄・・・などなど

今さらながら迷っちゃいます。

それでも初志貫徹!

日程が進むごとに本記事を更新し、僕の優勝予想を検証していきます。

※台風の影響により、大会途中の日程が変更になっています。

大会結果

※予想はみごと的中!

→優勝候補6校掲載の中から、優勝・準優勝・ベスト4と計3校が躍進しました。

  • 優勝  :履正社(大阪)
  • 準優勝 :星稜(石川)
  • ベスト4:明石商業(兵庫)
  • ベスト4:中京学院大中京(岐阜)

優勝候補と優勝予想

あらためて、僕の”優勝予想”をあげておきます。

  • 本命 :東海大相模(神奈川)→3回戦敗退
  • 対抗 :星稜(石川)    →準優勝
  • 大注目:習志野(千葉)   →2回戦敗退
  • 注目 :明石商業(兵庫)  →ベスト4
  • 注目 :智弁和歌山(和歌山)→3回戦敗退
  • 注目 :履正社(大阪)   →優勝
2019夏の甲子園:優勝候補と優勝予想! 全国49代表(各都道府県1校+北海道・東京はそれぞれ2校)が出そろい、開幕を迎える『第101回全国高校野球選手権大会』2019夏...

本命:東海大相模(神奈川)→3回戦敗退

3回戦:東海大相模 4-9 中京学院大中京(岐阜)

2点差を追いかける中京が、7回に7点を奪うビッグイニングをつくって、逆転勝利しました。

多彩な投手を次から次へと投入した東海大相模でしたが、どの投手も高めに球が浮いてしまい、それを中京打線が中から逆方向へとシャープに振り抜いて得点を重ねていきました。

追い上げる展開となった東海大相模でしたが、打線の大振りや守備のミスが相次ぎ、最後まで持ち味の強力打線が爆発しませんでした。

僕が優勝候補本命にあげた東海大相模が3回戦で敗れてしまいましたが、残りの優勝候補にあげた学校にがんばって欲しいところです。

2回戦:近江(滋賀) 1-6 東海大相模

今大会屈指の強打を誇る東海大相模に対し、昨夏甲子園ベスト8の林優樹投手ー有馬諒捕手バッテリーがどう抑えるかが注目される好カードでした。

林ー有馬バッテリーも、十分に東海大相模の強力打線を散発に抑えはしましたが、いかんせん自慢の守備に失策が相次ぎ、徐々に点差が広がってしまう残念な結果となりました。

試合結果としては6-1でしたが、東海大相模の打線が爆発したとは言い難く、次戦にその破壊力を期待したいものです。

緒戦は予想を覆して遠藤成投手が先発しましたが、好投をみせて投手陣に厚みのあるところを感じさせました。

まだまだ好投手を多数擁している東海大相模ですので、優勝へ向けてどういったローテーションを組んでくるのかが楽しみです。

対抗:星稜(石川)→準優勝

決勝戦:星稜 3-5 履正社

悲願の初優勝にあと1勝と迫った星稜でしたが、一歩届きませんでした。

注目された奥川恭伸投手ですが、立ち上がりからストレートが走らず、甘く入った球を履正社打線に捉えられてしまいました。

結果論にはなりますが、準決勝にエースを温存して勝ち上がった履正社と、準決勝にエースを先発させた星稜との差がはっきりと出た試合展開となってしまいました。

打っても、履正社の11安打を上回る13安打を放ちながらも、ここ1番での稚拙が相次ぎ、今春センバツ甲子園で敗退した習志野戦を見るかのようでした。

今夏から決勝戦前にも1日休養日が増えたとはいえ、投手に頼るチームが優勝するためには、優勝から逆算したローテーションが必須であるとも感じさせた試合でした。

敗れたとはいえ、主軸バッターや投手に2年生が多い星稜も、来年もまた甲子園の優勝にチャレンジできるだけの素材を抱えていますので、大いに期待したいところです。

準決勝:星稜 9-0 中京学院大中京(岐阜)

先発が誰になるのか注目された星稜ですが、エース・奥川恭伸投手が先発してきました。

7回を2安打・10奪三振・失点0。

制球重視の投球でしたが、逆転の中京学院大中京打線を相手に、無双の投球を見せました。

打っても、大会前に僕がキーパーソンにあげた1番バッターの東海林航介選手に当たりが戻ってきたことで、それまで小技のミスが相次ぎ淡泊な攻めとなっていた星稜打線がリズムを取り戻し、ガラリと一変しました。

盗塁・バント・選球眼。

星稜伝統の機動力を活かした試合巧者ぶりを発揮しました。

打線の流れも、甲子園に強い山瀬慎之助捕手に得点機が訪れる巡りあわせとなってきて、山瀬選手もその好機に応えています。

小学生からの奥川恭伸投手-山瀬慎之助捕手バッテリーの夢の頂点へ、あと1勝となりました。

決勝戦は、『猛打の履正社打線対星稜の奥川投手』という今春センバツ甲子園の再戦となります。

結果は、”野球の神様”のみぞ知るところとなりました!!!

準々決勝:仙台育英 1-17 星稜

「仙台育英の強力打線対星稜投手陣」という、おおかたの試合前予想と真逆の試合展開となりました。

今大会初先発となる今井秀輔選手の満塁弾を含む7打点、4番の内山壮真選手の2打席連続本塁打を含む、チーム合計4本塁打含む22安打・17得点と、星稜打線が仙台育英が繰り出す4人の好投手を次々と攻略しました。

投げても荻原吟哉投手→寺沢孝多投手のリレーで、猛打の仙台育英打線を1失点に抑える好投をみせました。

さあ、頂点まで”あと2勝”!

ここから先は、悲願の星稜初優勝へ向けて、奥川恭伸投手に託す展開となってきました。

延長18回箕島相手の敗戦。山本省吾投手の準優勝。松井秀喜選手の5打席連続敬遠での敗戦。昨夏甲子園の済美戦での延長タイブレークのサヨナラ負け。

”記憶に残る敗戦校”

星稜が数々の名勝負を刻んだ夏の甲子園において、いよいよ”主役”となる瞬間を待ちわびている高校野球・甲子園ファンも数多くいることでしょう。

僕も、そのひとりです。

3回戦:星稜 4-1 智弁和歌山

延長14回・3安打1失点・165球完投、そして”23奪三振”!

強打の智弁和歌山に対する、星稜・奥川恭伸投手の奪三振ショーが球場をわかせました。

夏第94回(2012年)に桐光学園の松井裕樹投手(楽天)がつくった、1試合22奪三振の大会記録を上回る快投でした(延長での最多は板東英二選手(徳島商業→中日)が持つ25奪三振(延長18回))。

しかしながら、打線はここ1番でバント失敗が相次ぎ、ヒッティングの場面でも淡泊な攻撃が続きました。

それでも1-0とリードした星稜ですが、さすがの智弁和歌山打線が追いつき、その後両チームの投手が譲らずに”タイブレーク”へ。

奥川投手が足をつり、タイブレークへ突入。

奥川投手の足がつって降板し、タイブレークでサヨナラ負けした、昨夏甲子園での苦い思いが蘇ります。

それでも、最後の甲子園で奥川投手は投げ抜きました。

智弁和歌山が押している流れの中、延長14回裏、星稜・福本陽生選手のサヨナラ3ランによって星稜が勝利しました。

「甲子園の借りは甲子園でしか返せない!」

まさにそんな一戦でした。

2回戦:立命館宇治(京都) 3-6 星稜

選手と打順を入れ替えてきた星稜打線がつながりをみせ、中盤まで5-0とリードし奥川投手を温存できる展開でしたが、星稜の継投で立命館宇治に”流れ”がいってしまいした。

継投自体は想定内だったと思いますが、相手に”流れ”がいってしまうまでひっぱって、結果奥川投手が登板することになりました。

この先さらに上位進出するためには、夏の甲子園で必要な『試合の流れ』を相手に渡さない采配と、この試合で奥川投手が投げたことによるチーム体力がポイントとなりそうです。

この試合で今大会最速となる154kmを表示した奥川投手のストレートはさすがでしたし、昨夏甲子園で苦い思いをした寺沢孝多投手が最終回のピンチを切り抜けたことが収穫でした。

次戦は、僕の優勝候補のひとつ智弁和歌山か、林和成監督が現役時代三遊間を組んだゴジラ・松井秀喜選手が5連続敬遠された明徳義塾との対戦となります。どちらが相手でも注目される一戦となりそうです。

1回戦:旭川大高(北北海道) 0-1 星稜

奥川恭伸投手の153kmのストレートが表示された瞬間、甲子園球場が歓喜とどよめきに包まれました。

終わってみれば、3安打9奪三振94球の完封。

実践型のドラフト1位候補として、当代ナンバーワンの投球を披露した試合でした。

しかしながら、打線には課題が残りました。

1点が欲しい場面でことごとくバントを失敗し、大量点を奪えるチャンスにも攻撃のミスが続きました。内角の足元へ落ちる変化球を強振して空振りしたり、1・2塁の場面で右バッターが三塁方向へ引っ張ってチャンスをつぶしてしまうなど、攻撃全体に荒っぽさが目立った印象です。

悲願の”初優勝”へ向けて、細かい野球へと修正できるかがカギとなってきます。

大注目:習志野(千葉)→2回戦敗退

2回戦:習志野 5ー9 鶴岡東(山形)

5点差をつけられた習志野が”美爆音”応援を背に徐々に追い上げペースをつかみかけましたが、鶴岡東のホームラン攻勢で跳ね返され、5-9で2回戦敗退となりました。

今春センバツ甲子園準優勝校の習志野相手に、甘い球を振り抜いてくる攻撃と鉄壁の守備で勝ち上がった鶴岡東は3回戦進出となりました。

僕が優勝候補の一校にあげた習志野が敗れたことは残念ですが、鶴岡東には次戦もがんばって欲しいと思います。

1回戦:沖縄尚学(沖縄) 4-5 習志野

甲子園優勝校の習志野(夏2回)と沖縄尚学(春2回)が対決する、1回戦屈指の好カードとなりました。

試合は、序盤習志野が2点リードするも、沖縄尚学が集中打で3点を奪い逆転。

その後は、1点を奪い合うシーソーゲームとなりました。

ここぞという場面ではどうやってでも1点をもぎ取っていく攻撃や、ここで食い止めなければ大量失点になるという場面での踏ん張りは、さすが甲子園優勝校同士の見ごたえのある試合でした。

試合は延長戦を制した習志野が勝ちましたが、1球1打の紙一重によって決まった勝負でした。

まだまだ大会序盤ですが、大会終了後には、今大会のベストマッチのひとつにあげられるでろう”これぞ甲子園”という名勝負でした。

注目:明石商業(兵庫)→ベスト4

準決勝:明石商業 1-7 履正社

兵庫大会決勝戦で見せた”粘りの野球”を甲子園でも発揮し、甲子園での3試合も全て1点差で勝ち上がってきた明石商業が、この試合が正念場とみたか、エース・中森俊介投手が先発してきました。

初回いきなり履正社が4点を先制しましたが、その裏の明石商業がすぐに来田涼斗選手の本塁打で1点を返し、これまでの試合のように明石商業の追い上げが期待される序盤となりました。

しかしながら、3回戦・準々決勝での調整過程を見る限り、本調子か定かではなかった中森投手の制球が定まらず、逆に履正社に追加点を重ねられていきます。

履正社・岩崎峻典投手が完投で明石商業打線を封じ込める好投を見せ、終わってみれば1-7の大差で準決勝敗退となりました。

公立高校として期待された明石商業ですが、新チーム結成以降、1年間を通じて”粘り強い”1点差に強い好チームでした。

不動の1番・来田涼斗選手やエース・中森俊介投手など、主力に2年生が残りますので、早くも次の活躍が期待されます。

準々決勝:八戸学院光星(青森) 6-7 明石商業

序盤1-6のワンサイドを八戸学院光星が追いついて、そこからは1点が重い試合展開となりました。

試合を通じて両チーム共に守りのミスが目立ち、攻撃の小技も決めきれない荒れ模様の流れの中、試合を決めた1点も八戸学院光星のワイルドピッチによる失点でした。

昨日の3回戦で温存した2年生エース・中森俊介投手は先発することはなく、この試合の後半要所の場面でも登板してこなかったので故障が心配されましたが、終盤に登板してピンチを招きながらも試合を締めました。

この試合での投球を見る限りは体調に問題はなさそうですが、次戦以降完投するだけの万全な体調であるかは、まだ?な状況です。

ここまでの3試合全てを1点差で勝ち上がってきた明石商業が、今春センバツ甲子園ベスト4に続き、この夏の甲子園でも初の準決勝へと進出しました。

接戦にも動じることはなく、最後の1点を取りきる力と、その虎の子の1点を守り抜く力は、強打を誇るチームにも脅威な存在です。

3回戦:明石商業 3-2 宇部鴻城(山口)

1点を追う明石商業が何度もチャンスをつくりましたが、宇部鴻城が阻み続け緊迫した試合展開となりました。

終盤8回の明石商業。最後のチャンスとばかり三盗で勝負をかけ、ホームへのヒットエンドランで”1点をもぎ取り”ました。日頃から練習してなければ決してできない、ギリギリの攻撃は圧巻でした。

そして延長満塁の場面。今度は一変して、満塁ホースアウトのリスクをものともしない、サヨナラ・スクイズで勝利しました。

兵庫大会同様、粘り強いチームカラーと最終盤での逆転劇は、日頃の練習の賜物であると感じさせずにはいられないすばらしいチームに仕上げてきました。

今日は杉戸理斗投手が完投しましたが、終盤になっても中森俊介投手は投球練習すらしていませんでした。「中森投手を温存すると決め込んだのか?」それとも「体調に不調が生じているのか?」。次戦準々決勝は中森投手の快投で勝利することを願っています。

2回戦:明石商業 4-3 花咲徳栄(埼玉)

2017夏甲子園優勝校の花咲徳栄と2019春センバツ甲子園ベスト4の明石商業が、2回戦で早くも激突しました。

先行した花咲徳栄に追いつこうと、バントや足を使って明石商業があれやこれや仕掛けますが、花咲徳栄の鉄壁の守りに阻まれます。

どうやっても1点差が遠い明石商業の5回裏の攻撃。水上桂選手の2ランホームランで逆転!

その後も1点を競うシーソーゲームが続きましたが、4-3で明石商業が勝利しました。

大会注目の明石商業・2年生エース中森俊介投手と、花咲徳栄・中津原隼太投手の投げ合いが、この試合をグッと締まったナイスゲームへと導きました。

派手さはないものの、どんな強豪相手にも”試合をつくっていける力”が明石商業にはあります。

NHKの解説者の方が、走者を出したときの中森投手のセットポジション投球に課題をあげていましたが、当然次戦以降の対戦相手も研究している中、中森投手がどう修正していけるかがカギとなりそうです。

注目:智弁和歌山(和歌山)→3回戦敗退

3回戦:星稜 4-1 智弁和歌山

僕が優勝候補にあげた智弁和歌山と星稜の戦いは、”球史に残る一戦”として記憶される、1点を争うすばらしい試合となりました。

小林樹斗投手ー矢田真那斗投手ー池田陽佑投手と繋いだ智弁和歌山と、星稜・奥川恭伸投手との見事な投手戦となり、1-1のまま13回タイブレークへ。

先頭バッターの送りバントを猛ダッシュでくい止めにいく両チームの”攻める守り”は、とても見ごたえがありました。

僕はタイブレークに魅力を感じていませんでしたが、この試合を見て、タイブレークの面白さを実感しました。

試合終盤は智弁和歌山ペースかと思われましたが、残念ながらサヨナラ負けで3回戦敗退となってしまいました。

試合には負けましたが、多彩な投手陣と強力打線という高嶋イズムは中谷新監督にも受け継がれており、来年以降も甲子園で優勝を狙う名門校として期待がかかります。

2回戦:明徳義塾(高知) 1-7 智弁和歌山

甲子園優勝校の智弁和歌山(春1回・夏2回)と明徳義塾(夏1回)との対戦となりました。

互いにチャンスをつくるも、得点を許さない守りは、両校共にさすがでした。

均衡を破った明徳義塾が1点を奪い、硬い守りで明徳義塾ペースかと思われましたが、7回に智弁和歌山の猛打がさく裂し、自チームが持つ大会タイ記録(2008年・夏第90回)に並ぶ1イニング3本塁打を放ちビッグイニングをつくって、そのまま勝利。

試合こそ1-7と大差がつきましたが、両校が得点したのはそれぞれ1イニングずつと、スコア以上にとても締まった試合となったのは、さすが優勝校同士の一戦でした。

1回戦:智弁和歌山 8-1 米子東(鳥取)

プロ注目の東妻純平捕手のタイムリーで先制すると、その後も自慢の強力打線が得点を積み重ねていきました。

注目された1年生の徳丸天晴選手も4番として登場し、2安打を放って、今大会でのブレイクに期待がかかります。

注目:履正社(大阪)→優勝!

決勝戦:星稜 3-5 履正社

履正社が、悲願の初優勝に輝きました!

今夏の甲子園を通じて猛打を発揮した履正社打線が、今春センバツ甲子園で抑え込まれた星稜の奥川投手を見事捉えました。

数字だけを見れば、履正社5得点・星稜3得点、安打にいたっては履正社11安打・星稜13安打と接戦ではありましたが、試合を通じて履正社打線が圧倒した試合の流れでした。

何といっても、3回の井上広大選手のバックスクリーンへの本塁打が、履正社打線が「いけるぞ!」と試合の流れをつくった、まさに”4番の一発”でした。

今春センバツ甲子園での屈辱から、わずか数カ月でこれほどのチームへと躍進させた履正社・岡田龍生監督の手腕と履正社選手の努力が実った大会となりました。

履正社のみなさん、初優勝おめでとうございます!

準決勝:明石商業 1-7 履正社

明石商業は、エース・中森俊介投手を先発させ勝負をかけてきましたが、1回の表に早くも好調の履正社打線が4得点を奪いました。

その後も打線がつながり、13安打7得点で明石商業・中森投手を攻略しました。

投げても、2年生の岩崎峻典投手が粘りの明石商業打線を1点に封じ込め完投勝利。

初優勝へ向けて、決勝戦はエース・清水大成投手の登板となりそうです。

準々決勝:履正社 7-3 関東一

初回いきなり主砲の平泉遼馬選手が本塁打を放ちリードした関東一のワンサイドかと思いましたが、履正社が自慢の打線でじわりじわりと追い上げ、投手陣もその後の関東一打線を封じ込めて逆転勝利しました。

履正社の井上広大選手は、この日もタイムリーを放って勝負強さを発揮しました。

好調を維持している打線に加え、この日好投をみせた履正社。

投打のバランスがかみあって、いよいよ悲願の”初優勝”が見えてきました。

3回戦:履正社 9-4 高岡商業(富山)

14安打した履正社が、12安打の高岡商業に打ち勝ちました。

今大会猛打をふるっている履正社打線が、この試合でもシャープに振り抜き着実に得点を重ねていきました。

1回戦で本塁打した井上広大選手がこの試合でも本塁打し、本大会2本目となり、今秋のドラフトでも上位指名されるのではと注目されます。

夏の甲子園初の準々決勝進出となった履正社は、大振りすることなく打線の好調を維持しており、いよいよ春夏通じての”甲子園初優勝”が視野に入ってきました。

2回戦:履正社 7ー3 津田学園(三重)

1回戦で5本塁打と爆発した履正社が、津田学園の好投手・前佑囲斗投手相手にどう闘うのかが注目されましたが、シャープな強打に一新してきました。さすがです。

試合前半に前投手を打ち崩し、後は履正社ペースで試合に勝利しました。

夏の甲子園では3回戦の壁を越えれずにいる履正社ですが、次戦を突破すれば、一気に優勝へと駆け上がっていく予感がします。

1回戦:霞ケ浦(茨城) 6-11 履正社

夏の甲子園1試合チーム最多タイとなる5本塁打を放ち、春センバツ甲子園では星稜の奥川投手に抑え込まれた打線が猛打をふるいました。

今大会注目スラッガーのひとり井上広大選手も1発を放ちました。

大型選手がずらりとならぶ打線は、破壊力満点です。

同じく1試合5本塁打したのは、2006年(夏第88回大会)の智弁和歌山(対帝京戦)でしたが、次戦の田中将大投手擁する駒大苫小牧に敗れています。

今回の試合でも11得点してはいますが6失点していますし、後半になっても大振りが目立ちました。

次戦では、持ち前の強打が大味にならないことがカギとなりそうです。

読者のみなさん。大会終了までお付き合いいただき、ありがとうございました

2019夏の甲子園

読者のみなさんの優勝予想は、いかがなりましたか?

僕の優勝予想は当たったのか?

優勝候補6校掲載中、準決勝に3校勝ち上がり、その中から『優勝・履正社』『準優勝・星稜』と、見事予想が的中しました!

優勝候補不在といわれた今夏の甲子園でしたが、大会が始まると、大量点であっても追いついて接戦に持ち込まれた試合も多く、タイブレークで1点を争う試合など、緊迫した試合が相次ぎました。

大会を締めくくる決勝戦の『履正社対星稜』もそんな一戦でした。

世代屈指の星稜・奥川恭伸投手から3回に履正社・井上広大選手が放ったバックスクリーンへの本塁打で「勝負あった!」と思われ、昨夏の甲子園決勝戦で大阪桐蔭打線が金足農業・吉田輝星投手を打ち崩してワンサイドゲームになってしまうかのような試合の流れになりましたが、奥川投手の踏ん張りと星稜打線の粘りで一旦は同点となり、試合最終盤までどちらにも優勝のチャンスがある大接戦となりました。

今後はプロの世界に進むであろう星稜・奥川投手と履正社・井上選手ですが、試合を決定づける本塁打以外の井上選手は3三振と内野ゴロに封じ込められて、プロの世界でもこの両者が名勝負を繰り広げて欲しいと期待せずにはいられないほど、この決勝戦での5打席真っ向勝負は見ごたえがありました。

岩手大会決勝戦での大船渡・佐々木投手の登板回避を巡って、投手の起用方法や球数制限の議論が不可避となっている高校野球。

高校野球の現場経験や身近に甲子園球児がいないでろうコメンテーターが、「古い体質だ」と一蹴するだけの一方的な発言が目立ちますが、この夏の甲子園を見ても、有力校の監督は「複数投手でのローテーション」と「球数や登板間隔」を意識した投手起用を既に実施しています。

投手の将来のためのルールづくりに関しては、投手本人や指導者を守るためにも必要であると僕も思いますが、マスコミやコメンテーターが好き放題いって野球そのものがつまらないものにならないよう、(既に予定されているようでありますが)高野連が早めに議論を進めて、”現場の想い”や”地方大会から甲子園決勝戦までの広い視野”が反映された選手本位のルールづくりとなることを願っています。

高校野球ファンとしては、まずは”現場の議論”を見守りたいと思っています。

最後になりましたが、この記事を毎日更新してきた中、お付き合いいただきました読者のみなさんに感謝申し上げます。