暮らし全般

新品エアコンの除湿機能が効かなくてあせった件

今年の春先に、我が家のエアコンの冷房運転を試運転したところ・・・動かない!

除湿運転は動くのに、冷房運転が動かないんです。

昨年の猛暑のようになったら、いざ使用したいときに工事が間に合わないなんてことになってしまったら悲惨なので、さっそく電気屋さんに相談したところ、あっさり「寿命!」と言われてしまいました。

考えてみれば、もう10年以上がんばってくれたエアコンなので、修理はあきらめて新品を購入することにしました。

まだ6月の梅雨入り間もない時期だったので、数日で工事を手配することができ、いよいよ新品エアコンの登場となりました。

試運転も快適で、音も静か。

最近の機種は、自動掃除機能も搭載されているとかで、いたれりつくせりです。

季節は梅雨入りしジメジメしてきたので、新品エアコンの『除湿運転』を試してみました。

ところが、

ところが・・・・・

新品エアコンなのに、除湿運転が効かない!

初期不良?

あせって、説明書を読んだり、ネットで調べたところ、”設定”にコツがあることが判明し、無事作動してホッとしたことをシェアします。

最近のエアコンは、高性能になれば20万円以上もするので、いきなり「故障?」かと思うとあせっちゃいますよね。

※お使いの機種によっては若干稼働方式が異なる場合がありますので、詳しくはお使いのメーカー・機種ごとの情報で確認ください。

設定温度を室温より低く設定する

エアコンの『除湿運転』も『冷房運転』と同様に、空気を冷やすことによって除湿効果を発揮しています。

空気を冷やすことによって、結露で空気中の水分を奪って除湿を行っています。

従って、除湿運転をしている場合も、室温が下がることになります。

そのときに、空気を冷やし過ぎて室温が下がり過ぎるのを防ぐために、”設定温度”以下になるとエアコンは動作を止めてしまいます。

また、空気を冷やすことを止めたエアコンがファンだけ回ってしまうと、せっかく除湿した空気が、再び湿気を含んだ空気を送り込んでしまうことになりますので、途中で運転が止まってしまうことがあるのもこのためです。

★エアコンで『除湿運転』をするときの設定のコツ

  • エアコンの設定温度を”室温よりも低く設定”する!

『冷房運転』と『除湿運転』の違い

そうなってくると、『冷房運転』と『除湿運転』はどう違うのでしょうか?

冷房運転

『冷房運転』は、室温を下げることを最優先した機能です。

エアコンの冷房運転によって、室内の熱い空気を吸い込んで、その熱い空気を屋外へ放出させます。

そのことによって、熱がなくなり涼しくなった空気が室内に戻されます。

それらの繰り返しによって、室内の温度が下がっていきます。

除湿運転

一方『除湿運転』は、室内の空気中の湿度を下げることを最優先とした機能です。

空気に含まれる水分は、室温が高いほど含有量が増してきます。

そこで、空気を冷やすことによって空気中の水分を屋外へ放出して、さらっとした空気を再び室内へ戻す動作を繰り返しているのが除湿運転です。

”空気を冷やす”ことによる動作は冷房運転と同様ですが、除湿を最優先していますので、室温の低下速度は冷房よりも緩やかです。

除湿運転にも種類がある

空気を冷やすことによって空気中の水分を取り除く動作は同じですが、お使いの機種によって除湿運転にも種類があります。

弱冷房除湿方式

冷房運転と原理は同じです。

冷房運転でも空気を冷やしているので、同時に除湿も行っていることになります。

冷房運転すると、空気がさらっとしてくるのは、そのためです。

冷房運転では室温が下がり過ぎることが起きてしまうので、”弱めの冷房運転”によって除湿動作を行っているのが『弱冷房除湿方式』です。

再熱除湿方式

除湿運転では室温も下がってしまいます。

そのため、室温が下がり過ぎるのを防ぐために、一度冷やされた空気を再度温めてから室内へ戻しているのが『再熱除湿方式』です。

最近の機種や、上位機種で多く採用されています。

まとめ

ジメジメした梅雨の季節では、エアコンの除湿運転が効果を発揮します。

しかし、

「除湿運転が動かない!」

「除湿運転が途中で止まった!」

故障???

って思って、あせった経験をした方も多いと思います。

しかしそれは、エアコンの設定が原因です!

エアコンの設定温度を、室温よりも低く設定してみてください。

正常に、除湿運転ができるはずです。

(それでも除湿運転が機能しない場合は、電気屋さんに相談してみてください)

ただし、除湿運転も”空気を冷やす”ことによって、空気中の水分を屋外へ放出させていますので、室内の気温が低下していきます。

冷えすぎて、体調を崩してしまうと本末転倒です。

6月~7月上旬のまだ気温が高くない梅雨時は『除湿運転』にして、気温が高まってジメジメした日には『冷房運転』にしたりと、”季節や気温に合わせた機能”を選別して、体調にやさしい使用を心掛けてください。

エアコンといえば、『冷房運転』や『暖房運転』ばかり使用されている方も少なくないと思いますが、『除湿運転』も使用すると、季節に応じた快適な生活を送れますよ。