ブログ初心者

ブログの記事ネタに困ったときは少しジャンルを広げてみる

「記事ネタがない!」

ブログを始めたころ「まずは、20~30記事くらいは持ちネタでなんとかなるかなぁ」と思ってスタートしましたが、20記事どころか10記事も書くか書かないかの内に記事ネタに困るようになりました。早や~w

毎日更新は難しくても、3日に1度の更新を目標としていましたが、それでもなかなか筆がすすみません。

最初は一生懸命既投稿との関連記事を思案していましたが、だんだんと行き詰ってきます。

それでもそこでめげる訳にはいかず、”ブログ初心者の最重要課題は自分で決めた更新頻度を守ること”すなわち『継続』だと思っているので、既投稿記事の深堀りにとらわれずに、少しジャンルを広げてみたときのこと、そのときに考えたことを書いてみました。

同じように、記事更新に苦戦しているブログ初心者の方の参考になれば幸いです。

グーグル検索を意識してブログ投稿が行き詰まる

ブログ運営において、”グーグルで上位検索される”ことは至上命題になってきます。

そこで、「どうやったやらグーグルの検索で上位表示されるのか」を研究したブログ初心者の方も多いでしょう。

僕も、ブログ開設当初はいろいろと調べて、上位表示されているサイトを数多く拝見しました。

そこで多く記載されていたことは、グーグルは”検索”サイトとしての度合いを強めてきたために、従来多く表示されてきた「日記風」のサイトはことごとく検索圏外に追いやられてしまったということでした。

そのため、僕が記事作成で意識したのは、次の通りでした。

  • 検索する方=調べものがある方、悩みごとがある方
  • 検索する方がサイトに求めるもの→回答、共感、ためになる
  • 記事には上記を満たすだけの「質」と「一定量」が必要

上記のことを意識して記事を書くようになると、当初は「この記事を主体に、次は派生させた記事を展開していこう」と思っていた目論みは外れて、トータル数記事で完結させようと思っていた内容も、質・量を満足するためには”ひと記事”でまとめていくことになっていきました。

そうすると、当然ながら「記事ネタ切れ」や「記事数不足」に陥っていきました。

少しジャンルを広げてみた

投稿を継続するために、既投稿記事と関連性のある記事や、深堀りした記事を書こうと苦戦しましたが、それも直ぐに行き詰っていきます。

そこで考えたのが、「少しジャンルを広げてみよう」ということでした。

”特化型ブログ”にするにはまだまだ記事数が足りないし、かといって”脈略のない雑記型ブログ”にするつもりもなく、思いついたのが”少しジャンルを広げてみる”ことでした。

それでも、ついつい脈略のない雑記型ブログへと向かってしまわないために、「記事」から発想するのではなく、次のように発想して、サイトのトータルイメージにバランスが保てるように心掛けました。

そのため、いくつか思いついた記事の中でも、今この記事数においては投稿を控えた方がサイトのバランスが保てると判断して、作成していない記事もあります。

サイトバランスは広げすぎない

  • 自分のキャラクターがボケない範囲で
  • 読者層がぶれない範囲で:性別や年齢など
  • 「記事」からではなく『カテゴリー』から派生させる

元々自分のサイトで発信していきたい主眼や、既存の記事から大きく外れると、サイト自体が魅力に欠けるものになってしまいます。

そのため、サイト発信者である自分自身のキャラクターを損ねることのないジャンルを考えました。

また、せっかく訪問いただいた読者の方が、他の記事を見ることなく離脱するのはもったいないので、回遊性を高める意味からも、再度”読者層は誰なのか?”を意識するようにしました。

そこで行きついたのが、「記事」から発想するのではなく『カテゴリー』から発想するという手順でした。

例えば、僕のサイトに『趣味』というカテゴリーがあり、そこには僕の趣味である『自転車』に関する記事をいくつか投稿してありました。

「僕の趣味は他に何があるのだろう?」と連想したときに、『スポーツ』という単語が思い浮かびました。

そこで『趣味』を親カテゴリーとし、そこに『自転車』と『スポーツ』という子カテゴリーを関連付けるようにしました。

そういう手順に基づいて発想することによって、僕自身のキャラクターを損ねることもなく、既存記事との関連性も生まれてきます。

少しジャンルを広げて良かったこと

少しジャンルを広げた結果、良かったことがありました。

  • 記事ネタができた
  • サイトに幅ができた
  • 従来にないグーグルアドセンスの広告が表示されるようになった

今回の試行の結果、最大の目的であった「記事ネタ不足」を解消することができました。

また、カテゴリーから発想することによって、サイトに良い意味で幅がでてきました。

ただし、このことは両刃の剣で、あまりにも広げすぎると脈略のない雑記型ブログへと変貌していくかもしれないので、今後は「記事ネタ不足」と「サイトバランス」との闘いになっていくことになるでしょう。

それと思わぬことがひとつ。

グーグルアドセンスを設置しているのですが、従来の記事では見たことがなかった広告が表示されるようになってきました。

これは思わぬ副産物でした。

まとめ

「記事ネタがない」と悩んでいるブログ初心者の方は多くいるでしょう。

僕も、そのひとりです。

「何でもいいから書けばいいんだよ」

その道を通った先輩ブロガーの方はそう言うかもしれませんが、「それじゃサイトの質が低下する」とか「検索で上位表示されない記事を量産しても仕方がない」と考え、その結果投稿がストップしてしまいます。

ブログ初心者にとっての最大の危機は、投稿がストップしてしまうことです!

そうならないためにも、『カテゴリー』から派生させて、少しだけジャンルを広くする方策をオススメします。

趣味ブログであっても、収益ブログであっても、『継続はチカラ』です!

そして、ブログを楽しみましょう!

ブログのネタが切れたときのおすすめ記事ネタブログを始めてしばらくすると、誰もが”記事のネタ切れ”にぶつかります。 早い人で10数記事、がんばっている人でも30~50記事あた...