ブログ初心者

動的IPアドレスと固定IPアドレス

ブログ運営において、「どんな人が訪問しているんだろう?」って気になりますよね。

そのことを解析するツールが多数出回っていて、僕の利用しているXサーバーにも簡易式の解析ツールが標準装備されていました。

どこの誰という個人名までは当然ながら特定できませんが、同じ方が訪問しているかの参考になるのが『IPアドレス』です。

ブログを開設したとき解析ツールを使ってみても、もちろん閲覧しているのは自分自身のみです。

たまにあっても、それは検索ロボット。

そんな開設間もないころ、自分のIPアドレスだと思っていた訪問者以外にも、滞在時間も長くページ数も多い”熱心”な方があらわれました。

ありがとう!

でも、ちょっと待てよ・・・・・

最終ログイン時間等をヒントに、とある推測が・・・・・

「これって僕じゃん!」

IPアドレスとは

IPアドレスとは、”インターネット上の住所”のようなものです。

インターネットで送受信する場合、送信側と受信側それぞれが「相手を認識」できなければやり取りができません。

そのため、「123.456.789.123」のように4つの区切りの数字の羅列によるIPアドレスを個別の機器に割り当てて相互認識を可能にしています。

その数字は、「どのネットワークに所属しているのか」を示す”ネットワーク部”と、「ホスト(PC等の端末)」を示す”ホスト部”を表示しています。(ネットワーク部とホスト部の境界はIPアドレスによって異なります)

IPアドレスの種類

IPアドレスには種類があります。

今回の件で僕が初めて知ったことでした。

それまでは、「自分のPCに固有のIPアドレスがある」と思っていましたが、それはむしろ特別なケースであることを知りました。

グローバルIPアドレス

インターネットに接続する際に、必ず接続する1台1台に割り振られる番号です。

動的IPアドレス

グローバルIPアドレスのひとつの形態で、プロバイダー(IPS)に接続する際に、利用者にプロバイダーが一時的に割り振るIPアドレスです。

従って、インターネットに接続する度に違うIPアドレスが割り振られることがあります。

冒頭、僕が「他人のIPアドレスだと思っていた番号は、実は僕の番号じゃないのか?」と思うに至ったのがこのためです。

固定IPアドレス

グローバルIPアドレスのもうひとつの形態で、動的IPアドレスとは対照的に、自分固有のIPアドレスです。

これまで僕はIPアドレスは固有のものだと思っていましたが、むしろそれは追加サービースであることが一般的で、特にオプション契約していない場合は動的IPアドレスを利用しているプロバイダーがほとんどです。

需要がたかまる『固定IPアドレス』

  • IPアドレスが固定されていない(動的IPアドレス)ということは、受信側が特定者を識別できないことになってしまいます。
  • ところが最近では、会社の外から社内のネットワークに入り込んだり、屋外から家庭内の機器に接続したりなど、「遠隔操作」によって利便性を高める方向にあり、そのためには固定IPアドレスが必要で、プロバイダーや通信会社などの有料オプションとして固定IPアドレスの需要がたかまっています。

プライベート(ローカル)IPアドレス

インターネットに接続するための対外的IPアドレスが『グローバルIPアドレス』であることに対し、会社内や家庭内の内線的役割を果たすのが『プライベートIPアドレス』です。

1台のルーターで複数のPCを接続利用している場合、ルーターにグローバルIPアドレスが割り当てられ、PC1台1台にはローカルIPアドレスが割り当てられます。

IPアドレス・URL・ドメインって違うの?

「インターネット上の住所」というと、『IPアドレス』や『URL』それに『ドメイン』を思い浮かべます。

それらはインターネット上の住所を特定するという用途においてはほぼ同義ですが、実際利用するにあたっての利便性からそれぞれに役割があります

  • IPアドレス:本文で述べた通り、「123.456.789.123」のような数字でインターネット上の住所を特定することを目的とした文字列です。
  • URLとドメイン:URLも実はIPアドレスで構成されています。ところが、IPアドレスだと覚えにくい・分かりづらいために、数字ではなく文字列であるドメンで表記し、ドメインとIPアドレスを紐付けた住所表記書式がURLです。

まとめ

今回、「僕のIPアドレスってひとつじゃないの?」という疑問から始まりました。

そして分かったのが、オプション契約していないプロバイダー契約の場合は、ほとんどがインターネットに接続する度ごとにプロバイダーから臨時に割り振られる動的IPアドレスであり、すなわち僕のIPアドレスは常に流動的であることが分かりました。

そうなると、「同一人物が違うIPアドレスで接続した場合、どうやって同一人物だと識別できるのか?」という疑問が生じましたが、それはまた今度の課題と言うことで・・・。