自転車

通勤通学にはクロスバイク!~購入のコツとおすすめメーカー~

通勤通学にシティサイクル(ママチャリ)を利用されている方も多いと思いますが、ちょっとお高いですが通勤通学にはクロスバイクがおすすめです!

そのスタイリッシュなデザインと軽量・強靭なフレームによって、通勤通学が快適なものに様変わりします。

また、「休日にも自転車で出かけてみようかな」と思うようになってきます。

そこでクロスバイクを購入するときのコツと、あわせて大型サイクルショップや大型スポーツショップ等の身近な実店舗で購入可能なメーカーを中心におすすめメーカーを紹介していきたいと思います。

クロスバイクの特徴

自転車に高速化を求めるならばロードバイク(ロードレーサー)ですが、高速化を実現するために細い車体デザインと細いタイヤを履いています。

そのために、適度な速度で減速も頻繁にある通勤通学の状況においては、不安定感を抱く方も少なくなくありません。特に雨の日にはスリップしやすく、路肩やデコボコ路面では細いタイヤでは挟み込みの心配もあります。何よりロードバイクは高額です。

そこでおすすめしたいのがクロスバイクです。

通常のシティサイクルは20kg前後(安価品は25kg近い車体もあり)で、アルミフレームを使用した高級グレードでも15kg程度はあります。

一方のクロスバイクは、入門車体でも13kg前後が主流で、上位グレードともなると10kgを切ってくる軽量さです。

シティサイクルを少しロードサイクル寄りに改良し、軽量で若干の前傾姿勢車体デザインにすることによって、爽快で快適な乗り心地に変貌させています。

クロスバイク選びのコツ

通勤通学で人気のあるクロスバイクは、3万円前後のなんちゃってから10数万円のものまで、多様な車体が販売されており、いざ購入しようとすると迷ってしまいます。

ここでは、僕がクロスバイクを購入するときのポイントを並べてみました。

専門メーカーの車体を選ぶ

まずは、ロードバイクをも手掛けている専門メーカーをチョイスすることをおすすめします。

3万円前後のなんちゃってクロスバイクも多数ありますが、専門メーカーとは乗り心地が雲泥の差です。

外観も、専門メーカーはロードバイクのデザインを彷彿させるスタイリッシュでカッコイイデザインが目を惹きますが、なんちゃってはロゴシールをペタペタ貼っただけの味気ないデザインが多いです。

専門メーカーのいいところ

  • デザインがカッコイイ
  • 軽量・強靭な素材を使用している:見た目だけで判断しがちですが、ここが最重要です!
  • 修理・交換パーツが豊富で手に入りやすい
  • タイヤが工具不要で分離できる→パンクや故障したときに、そのままの状態ではバン型の大型自動車にしか載せることができませんが、簡単に車体とタイヤが分離できれば乗用車でも搭載でき、いざというときに便利です

身近な実店舗で購入する

ネットで情報収集される方も多いと思いますが、ネットの画像だけでは「前傾姿勢」や「ハンドルとサドルとの距離感」等の”自分にとっての快適な乗り心地”はなかなか実感できません。

最終的にネットで購入する場合でも、身近な実店舗に実車がある場合は、必ず一度試乗してみることをおすすめします。

またいだときの好みの違いはもちろんのこと、少し走行してみると自分の実用イメージに合う車体であるか否かを判断するためです。

試乗時のチェックポイントと身近な実店舗で購入するメリット

  • 前傾姿勢の好み
  • 車体の大きさが自分に合っているか:ハンドルとサドルの距離感。サドルの高さとまたいだときの全体バランス→店員さんは走行を重視した適正サイズを薦めてきますが、楽に乗りたいならばワンサイズ小さいものも試乗してみてください
  • タイヤの形状と細さ:タイヤは形状(ツルツル・ゴツゴツ・中間)によって用途と乗り心地が変わってきます。また、1mm細さが違うだけでも体感が大きく違ってきます
  • タイヤは工具不要で容易に脱着できるか
  • 実店舗で購入した場合、本体購入以降のパーツ購入代金や各種工賃の割引をしてくれる店が多いです
  • 自分の行動範囲にある実店舗で購入するのがベスト

価格の違いについて

専門メーカーのクロスバイクにおいては、複数のグレードを用意しています。

高額グレードになればなるほど、「軽量」でそれに耐えうる「強靭」な素材を使用しています。

入門価格で5万円前後、上位グレードで8~10万円、カーボン素材で10数万円といった価格帯になります。

ただし入門機種がダメかと言えばそうとも限らず、特に通勤通学を主用途とする場合は、かえって実用的であったりもします。

特に専門メーカーの車体は、車体以外は何もついていないケースがほとんどで、通勤通学用に実装しようとすると付属品代に結構な金額がかかってしまいます。

専門メーカーのクロスバイクは、通常付属品は後付け

  • カギ(必須):ワイヤー状のカギが主流→タイヤのみのショートサイズと車体全体や車体と固定物(電柱等)をつなぐロングサイズがあります
  • ライト(必須):明るいもの、広範囲なものが安全です。後部式も設置するとより安全に走行できます。電池式はランニングコストがかかるので、USB充電式が便利です
  • ベル(必須):最近はオシャレなベルも多数ありますよ
  • カゴ&後部荷台:付けてない方が多いです
  • 泥よけ&フェンダー(タイヤ周り)
  • 空気入れ:シティサイクルの空気れ形状は英式バルブですが、クロスバイクの空気入れ形状のほとんどは仏式または米式で形状が合いません→英式ポンプに仏式・米式形状のアタッチメントを簡易式に取り付けるか、形状に合ったポンプの購入が必要です。本格ポンプには空気圧を測定できる機能があり便利です

通勤通学には入門グレードもおすすめです

  • 付属品の多くを標準装備していて、通勤通学の即戦力になります
  • 上位グレードよりもアップライトな設計とシティサイクルより若干細いだけのタイヤサイズ→クロスバイクのスタイリッシュさや軽量性は備えつつも、シティサイクルから乗り換えても違和感のない乗り心地
  • ギアカバーが実用的:上位グレードは軽量化を重視しているのでギアカバーが付いていません。ところが、通勤通学での利用となると、ズボンの裾がギアに巻き込まれて油まみれになることが多々あります。そんな不都合を解消すべく、入門車体の多くにはギアカバーが装着されています。チェーンカバーまで付けるとちょっと野暮ったいです
  • 上位グレードよりは重いですが、それでも13kg程度の車体が主流で、アルミフレームの高級シティサイクルよりも軽量に仕上がっています

身近で購入できるおすすめメーカー

購入を検討する際の試乗や後々の修理を考えたときに、身近な実店舗で扱っていると便利ですので、そのことを踏まえたおすすめメーカーを紹介します。

GIANT(ジャイアント)

世界一の自転車生産台数を誇る台湾の自転車メーカーです。

5万円前後の入門車体から高級車体まで、多くのシリーズをラインナップしています。

GIANT専門ショップを始め身近で購入でき入門車体が充実しています。ポップなカラーリングと目を惹くロゴから、高校・大学生や新社会人に人気のメーカーです。

FUJI(フジ)

日本の自転車メーカーです。

細身のスタイリッシュなボディとポップなカラーリングから、女性に人気です。

日本のメーカーですので、車体デザインも日本人にちょうど良く、シティサイクルからの乗り換えにも違和感がありません。

Bianchi(ビアンキ)

イタリアが誇る世界最古の名門自転車メーカーです。

『チェレステ』と呼ばれるミラノの空をイメージした緑色がかった青色のブランドカラーが、多くの自転車愛好家を魅了しています。

欧州系の自転車メーカーは、若干細身のフレームとキュートなカラーリングが特徴です。

GIOS(ジオス)

大学生や若い女性の社会人に人気のイタリタの自転車メーカーで、『ジオスブルー』と呼ばれる鮮やかな青色の車体をよく見かけます。

その洗練されたスタイリッシュな細身のデザインを実現するために、「クロモリ」と呼ばれる強靭な鉄系の素材を用いているのが特徴です。

cannondale(キャノンデール)

アメリカの自転車メーカーです。

細身のフレームが多い欧州系に比べて、武骨なフレームが多いのが北米系の特徴です。

「アルミフレームと言えばキャノンデール」と言われるほど、アルミフレームに精力を注いでいるメーカーです。

僕もメタリック・グリーンのチームカラーが映えるQUICK4が愛車ですが、車体にリフレクター塗装が施されているので夜間も安全ですしロゴがキラキラしてカッコイイです!

ギア周りを『シマノ』に交換して、ズボンの巻き込みを抑えるために同社のギアカバー付モデルをチョイスしました。ギアカバー付と分からないくらいスタイリッシュで、さすが高級パーツです。それ以外のパーツも逐次シマノ製に交換しています。このちょっとした交換でもシマノ製は高いんですが、安定性や性能はバツグンです。さすが日本が誇る世界的自転車部品メーカーのシマノであると体感できます。(シマノは釣り具メーカーとしても有名です)

TREK(トレック)

アメリカのメーカーからももうひとつ、TREKを紹介します。

その武骨なフレームデザインと原色系のカラーリング。

実用的にも本格志向の方に人気があります。

近年の”ツール・ド・フランス”においての活躍も目覚ましく、街の自転車専門店でも大型店との差別化をはかるために、TREKを主力商品として力を入れているお店も多く見かけるようになってきました。

自転車の種類とオススメ用途誰もが、一度は乗ったことがあるママチャリ。 そのママチャリも、昔はもっと小さく腰掛け形状のつくりだったんですが、最近はとってもオシ...

まとめ

通勤通学で自転車を利用される方は、その利便性と経済性が主目的だと思います。

シティサイクルに比べると高価ですが、そのスタイリッシュなデザインと走行性には雲泥の差があります。

自転車は頻繁に買い替えするものではありませんが、新入学や新社会人になるとき、休日にも自転車で出かけたいと思うようになったときなど、何かのきっかけで自転車を買い替えることになったときは、是非”クロスバイク”にもまたがってみてください。

「自転車ってこんな乗り物なんだぁ~!」

と衝撃を受けること間違いなしです。