ブログ初心者

【ブログ初心者】②ブログ環境の構築

ブログを自主運営しようと決めたならば、PC・スマホやインターネットの他にも、様々な周辺環境を用意しなければなりません。

1.レンタルサーバーとの契約

PCやスマホなどのクライアントからのリクエストに対し、その情報を提供するコンピューターのことを『サーバー』と言いますが、自前でサーバーを用意・維持するのは至難のワザで、ほとんどの方はレンタルで運営しています。

月額数百円から千円強が中心価格帯ですが、頻繁に乗り換えする類のものではありませんので、事前に利用者の評価をチェックして選びたいものです。

事前チェックのときに重視したいのは、評判が良いことはもちろんのこと、利用者が多いサーバーの方が後々運営するときに自身の悩みを解決するのに役立ちます。

  • 評判が良いか(特に安定性)
  • 利用者が多いか(困ったときに解決情報が収集しやすいか)
  • 処理速度が迅速か
  • 細かい設定がコード改訂ではなく、ボタン操作で簡単にできるか

Xサーバー:オススメのレンタルサーバー

オススメは、Xサーバーです!

自主運営している方の多くがワードプレスを使用していますが、そのワードプレス運営を簡単にする仕組みを様々設けているほか相性もバツグンです。

ワードプレスでブログサイトを運営している方の情報も多数収集でき、初めてのレンタルサーバーとしてオススメです。

  • 安定性・処理速度共に高評価
  • ブランはベースのX10で充分(月額千円前後:長期払いが安上がり)
  • ワードプレス簡単設定等、ワードプレスとの相性を意識したサーバー
  • 独自ドメイン無料キャンペーンや初期費用割引キャンペーン等をチェックして、割安に契約するのがお得
  • 独自SSL設定無料・whois情報の代理公開(無料)など、他では有料となる場合があるサービスも無料で、月額料金以上の割安感

独自運営する場合、レンタルサーバー側・ワードプレス側、それぞれにセキュリティ対策を忘れずに!

2.独自ドメインの取得

『ドメイン』とは、ネット上の住所(URL)のことです。

ブログサービス会社のドメインに、アナタのドメインを設けることも可能ですが、そのドメインの大元の持ち主はあくまでその会社です。

従って、その会社がサービスを停止してしまうとそのドメインは消滅してしまいます。

また、ブログの収益化を目指すならば、自分のドメインが必須となってきます。

そもため、ブログ開設当初から、自分だけのオリジナルドメイン=『独自ドメイン』の取得をオススメします。

このサイトで言えば、harrykun.comというのが独自ドメインです。

  • ブログで収益化するならば、独自ドメインの取得は必須
  • 独自ドメイン取得には、原則取得時費用と更新手数料が必要(僕はXサーバーの独自ドメイン無料キャンペーンを利用しました)
  • ドメイン取得は早いもの勝ち
  • 自分が取得したい名称が発行済みでも、ドメインには『.com』や『.net』など多数のドメインが存在しますので、例えば.comで発行済みでも.netならば取得可能であったりします
  • ドメインはどこのドメインサービス会社で取得しても移管できるので、金銭面等で問題なければ、レンタルサーバー会社で一緒に取得した方が後々の更新管理が楽です

Whois情報の代理公開

独自ドメインを取得する際には、登録者(アナタ)の個人情報を登録する必要があります。

そして、世界的ルールによって、対象ドメインの登録者情報を公開することになります。

つまり何もしないままでいると、対象ドメインの取得者であるアナタのIPアドレスや登録情報が、世界中のだれもが閲覧可能な状態となってしまいます。

そこで、登録者の個人情報に代わって、代行会社の情報を代理公開してくれるサービスが『Whois情報の代理公開』です。

僕の場合は、ドメインを取得しているXサーバーで代理公開設定をしています。

代理公開をしていない会社もありますし、有料の会社もありますが、Xサーバーなら無料で設定できます。僕がXサーバーを選んだ理由のひとつでもあります。

3.サイトのSSL化

『SSL』とは、サーバーとクライアント(PCやスマホ)間で、クレジットカード情報などの機密性の高い情報を安全にやりとりするために暗号化されたプロトコルのことです。

これからは、一般情報もSSL化を要する流れにあり、サイト内全てをSSL化することが急務となります。

サイトをSSL化すると、サイトアドレスが『http//』から『https//』と『s』が付くようになり、鍵マークなどの安全性をクリアしたマークが表示されるようになります。

Xサーバーなら簡単に設定できました。

ただし、既存の記事や外部から引用する記事や画像等がSSL化していないこともあるので、その場合は別途対処が必要です。

4.メールアドレスの取得

ブログを開設するなら、専用メールアドレスが必要になってきます。

既に何らかのメールアドレスは持っていると思いますが、せっかく取得した独自ドメインで専用メールアドレスを取得した方がカッコイイです。

僕のインフォメーション用メールアドレスは、info@harrykun.comです。

更に、独自ドメインならばいくつでも用意できるので、用途に合わせてメールアドレスを使い分けるなんて使い方もできます。

5.ワードプレスの取得

さて、肝心のブログテーマ(テンプレート)を用意します。

ここは迷わず『ワードプレス(WP)』一択です!

世界中のブログやホームページで利用されているツールで、無料・有料問わず無数のテーマが存在しています。

  • 自由度が高く、自分好みの仕様にできる
  • ブログ開設時のPVはゼロからのスタートになるものの、その後のPV増加の伸びがブログサービス以上に期待できる
  • SEO的にも優秀
  • (広告主の制約を除けば)制約なしに広告を運用できる
  • 問題が発生したときでも利用者が多いので、解決策が収集しやすい
  • ワードプレスは世界中で利用されている無料のテーマ(テンプレート)ですが、その分無数に存在します。いろいろ試して自分好みのテーマを見つける際には、問題が発生したときに情報を収集しやすいテーマ選びをオススメします。
  • 「自分でカスタマイズするのは苦手」「マニュアルがある方がいい」などと感じる方は、有料テーマも一考されるとよいでしょう。1万円前後を主流として、数千円から2万円強で有料テーマが存在します。僕は『JIN』を利用しています。
ワードプレス初心者だからこそ有料テーマで始めよう!ブログを始めるときに、ブログサービスで始めるか、ワードプレスで始めるか迷いますよね。 素敵なデザインにカスタマイズしたい・・・ ...

6.最後に

ブログの自主運営をはじめるにあたり、様々な初期準備が必要になります。

慣れている方ならあっという間の作業でも、ブログ初心者にとってはひとつひとつがチンプンカンプンで、ひとつの疑問を解決するにも多くの時間を要することが少なくありません。

でもそこを乗り越えれば、ブログサービスにはない独自性のあるブログを構築できますし、慣れてくるとブログサービス以上に容易に運営できるツールがたくさんあります。

最初は大変ですが、実はそこが一番楽しい時期でもあります。

がんばりましょう!